運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤弁護士の簡単法律講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤弁護士の簡単法律講座』27.「医薬品」とは

『薬剤弁護士の簡単法律講座』27.「医薬品」とは

2012年07月30日 (月) 09時00分配信 投稿日:12/07/30 09:00 icon_view 278view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 278view

薬剤師は、日々の業務で「医薬品」にかかわっています。
今回は、「何をいまさら」と思われるかもしれませんが、「医薬品」とは何かということをご説明したいと思います。

「医薬品」については、薬事法第2条に以下のとおり定められています。
(定義)
第2条 この法律で「医薬品」とは、次に掲げる物をいう。
1.日本薬局方に収められている物
2.人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であつて、機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品(以下「機械器具等」という。)でないもの(医薬部外品を除く。)
3.人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、機械器具等でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く。)

ここで定められているものが法律上の「医薬品」となるわけですが、1号は「日本薬局方に収められている物」とわかり易いですが、2号や3号の意味はわかりにくいと思います。
2号や3号の条文を読んでみると、治療・予防等に使用されることが「目的」とされている物が「医薬品」となると書かれています。この意味は、その物に本当に効果があるかどうかは関係なく、治療・予防等の「目的」で販売されている物はすべて「医薬品」になるということです。その物が医薬品的な効能効果を持っていれば、治療・予防等の「目的」があるとして「医薬品」となるというのは分かり易いですが、仮に、その物自体に医薬品的な効能効果が全くなくても、販売にともない医薬品的な効能効果を標ぼうしたり、医薬品的な形状(例えばアンプル形状など)をしていたりすれば、治療・予防効果を「目的」とするものとして「医薬品」とされることになります。


(次ページ)「医薬品」ということになると・・・


Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る