新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤弁護士の簡単法律講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤弁護士の簡単法律講座』37.「調剤」を行うための要件

『薬剤弁護士の簡単法律講座』37.「調剤」を行うための要件

2013年06月12日 (水) 09時00分配信 投稿日:13/06/12 09:00 icon_view 462view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 462view

1  処方せんによる調剤
薬剤師法23条には、

(処方せんによる調剤)
第23条 薬剤師は、医師、歯科医師又は獣医師の処方せんによらなければ、販売又は授与の目的で調剤してはならない。

と定められ、医師等の「処方せん」によらなければ「調剤」はできないことが明らかになっています。今回は、「調剤」を適法に行うための要件について説明します。

2  薬剤師による調剤
調剤するためには、前記のとおり、処方せんによることが必要になりますが、さらに、薬剤師法19条は

(調剤)
第19条  薬剤師でない者は、販売又は授与の目的で調剤してはならない。ただし、医師若しくは歯科医師が次に掲げる場合において自己の処方せんにより自ら調剤するとき、又は獣医師が自己の処方せんにより自ら調剤するときは、この限りでない。
1  患者又は現にその看護に当たつている者が特にその医師又は歯科医師から薬剤の交付を受けることを希望する旨を申し出た場合
2  医師法(昭和23年法律第201号)第22条各号の場合又は歯科医師法(昭和23年法律第202号)第21条各号の場合

と定め、原則薬剤師しか「調剤」ができないとし、調剤業務について薬剤師の独占を明らかにしています(この但書について、様々議論があるところなのはご存知のとおりです。)。

したがって、「調剤」をするためには、薬剤師であることが必要になります。これは当たり前ですが、薬剤師の募集などをすると薬剤師免許を持たないのにもかかわらず、「薬剤師をやりたいのですが・・・」と応募してくる方もいるようですので、一部の国民にとっては当たり前ではないのかもしれませんね。



(次ページ)3  調剤の場所・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る