新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤弁護士の簡単法律講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤弁護士の簡単法律講座』2.薬の取り違えによる民事責任(1)

『薬剤弁護士の簡単法律講座』2.薬の取り違えによる民事責任(1)

2010年07月12日 (月) 09時00分配信 投稿日:10/07/12 09:00 icon_view 1585view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 1585view

今回から具体的な事例を取り上げて、その場合の法的責任について解説していきます。

薬剤師の法的責任と聞いて、皆さんが最初に思い浮かべるのは、やはり薬の取り違えにより患者さんに健康被害が起こってしまった場合ではないでしょうか。

今回と次回の2回で、薬剤師が薬の取り違えをしてしまい、処方箋と異なる薬を患者さんに交付してしまったために、患者さんに健康被害が起きてしまった場合の法的責任について解説したいと思います。

 

1.事例


患者Xは、A医院で診察を受け、近隣のB調剤薬局に処方箋を持って行きました。   このB薬局は、開設者:株式会社Z、管理薬剤師:K、勤務薬剤師:Yで構成されています。

Yが患者Xから処方箋を受け取り、一人で調剤をし、服薬指導をして薬をXに渡しました。(管理薬剤師Kは調剤にかかわっていません。)
ところが、Yは、本来の処方内容と異なる錠剤をピッキングしてしまい、それに気づかずに投薬してしまいました。Xもそれにも気づかず本来の薬と違う薬を服用してしまい、薬の作用で昏睡状態に陥り、まもなく死亡してしまいました。

という事例を元に、Z、K、Yの法的責任ついて考えていきたいと思います。

法的責任というと民事責任、刑事責任、行政責任等さまざまありますが、もっとも多く問題になるのは民事責任ですので、今回は民事責任について解説します。 刑事責任などについては、別の機会に解説したいと思います。

 

2.登場人物



  X : 患者(死亡)
  Y : 調剤ミスをした勤務薬剤師
  K : 管理薬剤師(調剤には直接かかわっていない)
  Z : 薬局の開設者(株式会社)


(次ページ)債務不履行責任・・・

Good43

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る