新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤弁護士の簡単法律講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤弁護士の簡単法律講座』3.薬の取り違えによる民事責任(2)

『薬剤弁護士の簡単法律講座』3.薬の取り違えによる民事責任(2)

2010年08月09日 (月) 09時00分配信 投稿日:10/08/09 09:00 icon_view 1018view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 1018view

今回は前回の続きです。

事例と登場人物は以下のとおりでした。




1.事例


患者Xは、A医院で診察を受け、近隣のB調剤薬局に処方箋を持って行きました。
このB薬局は、開設者:株式会社Z、管理薬剤師:K、勤務薬剤師:Yで構成されています。
Yが患者Xから処方箋を受け取り、Yが一人で調剤をし、服薬指導をして薬をXに渡しました。(管理薬剤師Kは調剤にかかわっていません。)
ところが、Yは、本来の処方内容と異なる錠剤をピッキングしてしまい、それに気づかずに投薬してしまいました。Xもそれにも気づかず本来の薬と違う薬を服用してしまい、薬の作用で昏睡状態に陥り、まもなく死亡してしまいました。




2.登場人物

X : 患者(死亡)
Y : 調剤ミスをした勤務薬剤師
K : 管理薬剤師(調剤には直接かかわっていない)
Z : 薬局の開設者(株式会社)



3.債務不履行責任


    ◆前回記事参照「薬の取り違えによる民事責任(1)」



4.不法行為責任~その1


    ◆前回記事参照「薬の取り違えによる民事責任(1)」



5.不法行為責任~その2(使用者責任)


前回はZとKが不法行為責任を負わないのかというところで終わりました。

答えはどちらも責任を負います。


(次ページ)Zについて・・・

Good18

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る