運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤弁護士の簡単法律講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤弁護士の簡単法律講座』3.薬の取り違えによる民事責任(2)

『薬剤弁護士の簡単法律講座』3.薬の取り違えによる民事責任(2)

2010年08月09日 (月) 09時00分配信 投稿日:10/08/09 09:00 icon_view 1018view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 1018view

今回は前回の続きです。

事例と登場人物は以下のとおりでした。




1.事例


患者Xは、A医院で診察を受け、近隣のB調剤薬局に処方箋を持って行きました。
このB薬局は、開設者:株式会社Z、管理薬剤師:K、勤務薬剤師:Yで構成されています。
Yが患者Xから処方箋を受け取り、Yが一人で調剤をし、服薬指導をして薬をXに渡しました。(管理薬剤師Kは調剤にかかわっていません。)
ところが、Yは、本来の処方内容と異なる錠剤をピッキングしてしまい、それに気づかずに投薬してしまいました。Xもそれにも気づかず本来の薬と違う薬を服用してしまい、薬の作用で昏睡状態に陥り、まもなく死亡してしまいました。




2.登場人物

X : 患者(死亡)
Y : 調剤ミスをした勤務薬剤師
K : 管理薬剤師(調剤には直接かかわっていない)
Z : 薬局の開設者(株式会社)



3.債務不履行責任


    ◆前回記事参照「薬の取り違えによる民事責任(1)」



4.不法行為責任~その1


    ◆前回記事参照「薬の取り違えによる民事責任(1)」



5.不法行為責任~その2(使用者責任)


前回はZとKが不法行為責任を負わないのかというところで終わりました。

答えはどちらも責任を負います。


(次ページ)Zについて・・・

Good18

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1292件)

show

2017.02.22 new 230.ポイント問題が再燃はネット販売と同じ道を歩… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.02.15 new 229.そのメッセージは誰の展望なのか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.02.08 228.依然として続発する子どもの誤飲対策を薬剤師… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.02.02 84.院内・外の調剤料 【世塵・風塵】

2017.02.01 227.2020に向けスポーツファーマシストを活か… 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19165件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5453件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:02月19日~02月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:02月19日~02月26日

もっと見る