新着記事・レポート

カテゴリーを選択

実務実習(薬学生)

<<前の記事へ

次の記事へ>>

◆実務実習(薬学生)レポート◆杉本裕史編

◆実務実習(薬学生)レポート◆杉本裕史編

2010年06月03日 (木) 09時00分配信 投稿日:10/06/03 09:00 icon_view 1295view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 1295view
第1回レポート 6月3日更新
◆ 達成できたこと
あまり接客の経験がなく、患者さんとのコミュニケーションに不安があった。しかし実際接してみると自然に振る舞うことができた。また、1週間以内に調剤を一通りできるようになるという目標も達成できた。
◆ 今後、改善すること
より迅速かつ丁寧に調剤を行う。次のステップとして薬物相互作用や処方日数、通常量なども意識しながら調剤する。
◆ 今の気持ち
薬局の先生方がとても親切で、良好な関係を築くことができていると思う。また、知識面での不安は特になく順調に知識以外のことを吸収できている。一番の苦痛は毎日の実習記録を書く作業…。
◆ これから学びたいこと
一度在宅へ同行させていただいた患者さんへの次回の在宅にも同行し、前回からの変化やそれに対する先生の対応を学びたい。
◆ その他
薬局内が狭く同時に2人は指導できないということで、2週目以降は他店舗に隔週で配属することとなりました。この際交通費の心配をしたのですが、薬局側に負担していただけるとのことで安心しました。
◆ ココヤクメモ
ココヤクがお電話にてお話を伺いました。
・薬局にて実習を開始。薬剤師は2名おり、優しい方でした
・カリキュラムは1週間ごとに提示
・大学の同期が1名、同じ薬局でオリエンテーションを受けるが、次週より別の薬局に通う予定
・個人的な情報交換として、大学の友人4~5名とともに1か月に一度、集まって情報交換しています
・交通に関しては、自宅より電車通勤(自腹)。別の系列薬局に実習に行く際には、薬局から 交通費を支給される予定
・将来はご実家が薬局のため、経営を支えるか、もしくは医師になりさらに勉学を究めたいとの要望あり

● 杉本裕史 ●
星薬科大学5年生の杉本です。
三重県出身で、現在は一人暮らしをしております。
所属する研究室では細胞外マトリックスに着目した研究を行っており、私は褥瘡の形成過程及び治癒過程における細胞外マトリックスの変化をテーマとして研究 しております。 4年次に参加させていただいた病院のインターンシップにおいてがん患者さんと触れ合う機会があり、それ以降がん治療とそれに付随するであろう感染症や緩和 ケア、在宅医療などに興味があります。 実務実習では、今までに学んできた知識を現場でどのように活かすことができるかを体感し、大学では学ぶことのできない事を身につけていきたいと思います。

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回  
6月3日UP! 6月24日UP! 随時更新 随時更新 随時更新  

学生紹介・レポート目次はコチラ

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:2件

記事・レポート(1340件)

show

2017.08.16 new 255.英語の堪能な薬剤師の方に朗報か?|薬剤師業… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.09 254.次期改定に向け一手を打った(こらむ251の… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.03 90.遠隔診療と調剤 【世塵・風塵】

2017.08.02 253.背景が関係者の様々な憶測を呼ぶことに|薬剤… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.27 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(19855件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5620件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:08月16日~08月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月16日~08月23日

もっと見る