新着記事・レポート

カテゴリーを選択

実務実習(薬学生)

<<前の記事へ

次の記事へ>>

◆実務実習(薬学生)レポート◆佐藤玲編

◆実務実習(薬学生)レポート◆佐藤玲編

2010年06月09日 (水) 09時00分配信 投稿日:10/06/09 09:00 icon_view 1188view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 1188view
第1回レポート 6月9日更新
◆ 達成できたこと
とにかく前評判が、厳しいとの事だったので覚悟していましたが、指導薬剤師の方達が親切に丁寧に指導にあたって下さった為、積極的な姿勢で実習に取り組む事が出来ました。
◆ 今後、改善すること
(学生教育課以外の)薬剤師さんは、実際の業務をしながらの実習受け入れなので、迷惑かなと思って遠慮してしまう事もありましたが、調剤等学生が自己判断でこなしてしまうと、思いがけないインシデントに繋がりかねないので、分からない点はすぐ訊ける様にしたいです。
◆ 今の気持ち
明日からは病棟での実習で、一番関心のある項目なので楽しみです。かなり厳しい事を覚悟していたので、全くストレス無く過ごしています。
◆ これから学びたいこと
実際に病棟薬剤師が果たしている役割が、DIや製剤とどの様に違うか体験して学びたいです。
◆ その他
新しく買ったのに、ナースサンダルは不可と云われてまた白いシューズを買う事になってしまいました。スカートはやっぱり避けて欲しいと言われました。
◆ ココヤクメモ
ココヤクがお電話にてお話を伺いました。
・漢方を研究されていることから「全人的医療」に関し、興味をもたれ活動をされている方です
・27人の大学同期と一緒に実習を受けている
・5 ~6人/班となり実習を受け、講義は全体で受けています
・長い時間、立ち作業が続くため、足にあったスニーカーを早めに購入したほうが良い
・日報は紙ベース
・インシデントに繋がりかねない事象については、指導薬剤師のMTGで共有し、各学生にフィードバックしている模様
【インタビュー後記】
2週間後、患者さんに触れる機会を得たのちに、どのように実習を見ているか確認させていただくのが楽しみです。

● 佐藤玲 ●
昭和薬科大学5年生です。
実習先は本学の提携校の付属病院です。卒業研究では、漢方の煎じ薬の抽出方法による違いを調査する為、 インチンコウの新規水溶性成分を探索しています。
全人性の医療確立に貢献したい、その為に自分の薬学という立場から何が出来るだろう、という事を探しています。 中医学の哲学を知ってから、生体全体の評価によって行われて来た個別化の医療に興味を持ちました。全人的医療を考える会という医療系学生サークルの運営ス タッフをしています。

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回  
6月9日UP! 6月30日UP! 随時更新 随時更新 随時更新  

学生紹介・レポート目次はコチラ

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る