運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

実務実習(薬学生)

<<前の記事へ

次の記事へ>>

◆実務実習(薬学生)◆佐藤啓太編(2期)

◆実務実習(薬学生)◆佐藤啓太編(2期)

2010年12月02日 (木) 09時00分配信 投稿日:10/12/02 09:00 icon_view 1079view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 1079view
第1回レポート 11月19日更新
◆ 達成できたこと
最初からすぐにピッキングや一包化などの調剤を行うことができたのですが、1期の病院実習で学んだおかげか、ミスすることなく行うことができました。また、商品名と一般名が一致しないことが多々あるので1日数個覚えるようにしてたのですが、それも達成できたかなと思ってます。

◆ 今後、改善すること
ピッキングを行うとき、どうしても処方箋の医薬品名を見て探してしまうのですが、規格違いを起こさないようにするためにも意識して規格からみていきたいなぁと思っています。

◆ 今の気持ち
水日が休みなんですが、正直土日休みがいいです(笑)

◆ これから学びたいこと
指導薬剤師の先生と、共に考え議論出来ている実習なので、自分で提案する事の責任ややりがいを感じながら、一回りも二回りも大きくなれる実習にしたいと思います。

◆ その他
患者さんへの情報提供といった患者さんとの対応の仕方や、在宅での薬剤師の役割を学びたいです。

◆ ココヤクメモ
1期(病院実習)の振り返りとともに、2期に臨む現状をお伺いしました。(9月23日取材)

・1期振り返り
病院実習後半では自主的に計画を立てさせてくれたため楽しい思い出となっている。調剤をしたいか、服薬指導を重点的にしたいかとスケジュール調整ができたのがよかった。 病棟の患者さん1名を担当し、服薬指導を集中しておこなったことにより、癌に対する意識が以前に増して高まった
・2期実習
1期の病院実習を終え1か月の休みがあり、2期がはじまった。そのため忘れている薬等があり、思い出しながら取り組んでいる
・2期からスタートした同窓生
1期を経験していたことにより、落ち着いて薬局実習に取り組めている。2期実習からスタートした同窓生は戸惑っている部分もあり、1期目の自分を振り返ると現在は落ち着いて取り組むことができるため、自身の成長を感じられる
・商品名と一般名
処方せんに沿って商品名でピッキングはできるけれど、処方内容全体を考えると一旦一般名に置き換えて考えないと、内容の正誤を考えることができない。ある程度の商品名と一般名はリンクしている方が仕事スピードはアップする

● 佐藤啓太 ●
私立薬科大学5年生の佐藤です。
宮城出身、地元の大学に通ってます。
実習先は自宅からすぐ近くだったのでとてもラッキーでした。
居酒屋でバイトしていたので接客するのが楽しくて好きです。なので、将来は患者さんと接することができる職に就きたいと思っています。 しかし、まだ漠然としか考えられていないので、この実習を通して明確な目標を立てられたら、と思っています。

第1回 第2回 第3回      
11月19日UP! 11月26日UP 12月2日UP      

学生紹介・レポート目次はコチラ

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る