新着記事・レポート

カテゴリーを選択

よくわかる社会保険

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『ライフステージと社会保険』1.社会保険の役割と意義(社会保険とは)

『ライフステージと社会保険』1.社会保険の役割と意義(社会保険とは)

2011年03月03日 (木) 09時00分配信 投稿日:11/03/03 09:00 icon_view 306view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 306view

私たちが生活する中で「保険」は、さまざまな形で係わっています。国が行う保険としては、健康保険、介護保険や年金保険、労災保険等があります。一方民間の保険は、生命保険、火災保険、地震保険、損害保険等があります。
このコーナーでは、国が行う各種公的保険の役割と意義を中心にお話を進めていきます。

初回である今回は、全般的な社会保険の法律的位置づけと必要性、公民双方の保険制度の概要を紹介いたします。

<法律的位置づけ>
社会保険の制度はなぜ必要なのでしょうか。私たちは、1人1人違った人生を歩んでいます。しかしそれぞれの人生には共通のリスクや課題が存在しています。リスクや課題に対して、基本は自立・自助にあります。しかし、リスクの種類によっては個人では対応できないものがあります。国の方針として、憲法13条「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」あるいは、憲法25条2項「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」と規定されています。このように国の方向性を示す憲法により、国による社会保険の制度が確立されています。

<社会保険の必要性>
具体的に人生のリスクとは何を意味しているでしょうか。リスクとは、「ある行動に伴って(あるいは行動しないことによって)、危険に遭う可能性や損をする可能性」だけではなく、将来確実に起こる日常的なことも含みます。
身体・健康面では、病気やけが、老齢に伴う寝たきりや認知症となるリスク、「寿命による死」のみならず不慮の死等があります。
人生には金銭面でのリスクもあります。近年の経済不況下では特に深刻な失業による収入の減少、長寿社会における老後の生活費確保等があります。

夫婦間では、離婚に対するリスク、子供に係わる出産・育児等あります。
以上のように人生のリスクは数限りなくあります。このようなリスクに備えるために社会保険の制度が確立されています。人生のリスクに備えてみんなでお金を少しずつ出しあって蓄え、病気やけが等災難に遭遇した人を助け合うというのが「保険」という制度です。

民間の保険制度は任意加入ですが、国が行う公的保険制度(広義の社会保険制度)は原則として強制加入です。広義の社会保険制度には具体的に以下の保険制度があります。


(次ページ)公的保険制度の概要・・・

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る