運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

よくわかる社会保険

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『ライフステージと社会保険』3.健康保険(給付について)

『ライフステージと社会保険』3.健康保険(給付について)

2011年05月02日 (月) 09時00分配信 投稿日:11/05/02 09:00 icon_view 243view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 243view

前回は健康保険の制度概要と資格要件について説明しました。現行制度においては、すべての国民は国民皆保険制度によりいずれかの保険制度に加入しなければなりません。 強制加入である健康保険にはどのような給付(医療サービス)があるのでしょうか? また、健康保険の制度ごとに給付の違いはあるのでしょうか?
今回は、健康保険の給付(医療サービス)について解説します。

<給付を受けるには>
病気やけがをしたとき
1.健康保険を扱っている病院・診療所に『被保険者証』を提出します。
2.一部負担金を支払い、診察・治療・薬の支給・入院などの治療を治るまで受けることができます。また、医師から処方箋をもらった場合は、保険薬局で薬剤の調剤をしてもらいます。
この仕組みは、健康保険も国民健康保険も同じです。不公平はありません。

<給付の種類>
1)保険のきく医療サービス

表1


1.診察
病気やけがなど体に異常があった場合の診療や診察に必要な検査が受けられます。
2.薬剤・治療材料の支給
治療に必要な薬(厚生労働大臣が定める「薬価基準」に収載されている薬)が支給されます。
3.処置・手術、その他の治療
処置・手術(麻酔を含む)のほか、注射、放射線治療、精神科専門療法、慢性疾患の療養なども含まれます。
4.居宅での療養上の管理、居宅での療養
医師が必要と認めれば、在宅自己注射などの在宅療養が受けられます。
在宅のガン患者や寝たきり患者への療養指導や、通院困難な患者への看護師などによる訪問看護・指導などが含まれます。
5.入院、入院時の看護
医師が必要と認めた場合の入院医療と看護がうけられます。
入院中の食事には標準負担額が決まっています。その額は自己負担です。


(次ページ)2)保険のきかない医療サービス・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19743件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5593件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る