運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

よくわかる社会保険

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師のやる気向上』1.なぜすぐ離職してしまうのか

『薬剤師のやる気向上』1.なぜすぐ離職してしまうのか

2012年03月15日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/03/15 09:00 icon_view 1383view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 1383view

1.中小薬局の経営環境

 みなさんは、薬学部を受験するときどんな就職先を考えましたか?
○この資格を生かした、調剤薬局や病院、ドラッグストアですか。薬剤師として働き始めると、処方された薬を処方された分、調合するという調剤業務ですか?
○医療品メーカーの医薬情報担当者(MR)ですか。こちらの仕事では薬剤師資格は不要ですが、薬学の知識が求められることで、薬学部の卒業生が大半を占めます。待遇がよい職業ですか?
○製薬企業の研究職や開発職ですか。これは基本的に大学院を卒業した学生に多く、偏差値上位校の学生から人気がある就職先ですか?

次に就職の時は、薬学部受験時の希望通りの就職先となりましたか。その時就職する目的は、どのように考えましたか。
○医療業界に携わり、みなさんの役に立ちたい。
○待遇の良い、MRとして仕事をしたい。
○薬の研究を通して、社会に貢献したい。
○大学で学んだことを生かし社会の役に立ちたい。等
厚労省の調査によりますと薬剤師が従事している業務の種別は、半数以上が薬局です。次に、病院従事者と医薬品関係企業が続いています。(表1)

表1


このように、就職先として最も多い調剤薬局の就職数が多くなった背景には、1974年の診療報酬改定以降、政府の政策として医薬分業が本格化したことがあります。この政府の政策により以後、院外処方率は徐々に増え、2003年には50%を超え、2009年には60%を超えました(表2)。薬剤師が多く勤める調剤薬局は、病院や診療所と消費者(患者)を結ぶ重要な存在となっています。医者には聞きにくいが、薬剤師さんには聞き易い等調剤薬局そして薬剤師が、身近な存在になっています。産業としても、調剤薬局は院外処方率の伸びと並行して調剤市場は、年数パーセントの成長率をキープしています。数少ない成長産業のひとつといえるでしょう。就職者も増えています。保険調剤の市場規模は5.8兆円(対前年比103.6%)、調剤薬局の店舗数は、約54,000軒です。まだまだ増加傾向にあります。

表2


(次ページ)しかし、産業界全体が全て明るい・・・

Good6

コメントする

コメントする

コメント

回答:6件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19750件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る