新着記事・レポート

カテゴリーを選択

よくわかる社会保険

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師のやる気の向上』8.「仕事ができる」とは

『薬剤師のやる気の向上』8.「仕事ができる」とは

2012年09月17日 (月) 09時00分配信 投稿日:12/09/17 09:00 icon_view 451view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 451view

前回は、「一生懸命仕事をする」ことについて紹介しました。「一生懸命仕事をする」(命がけで仕事をする)ことによりやる気が向上することを解説しました。今回は「仕事ができる」人とはどのような人かについて紹介します。「仕事ができる」ことが真のやる気に繋がることを解説します。
 

1.「仕事ができる」とは

最初に具体的な事例で考えてみましょう。調剤された薬を患者さんに渡すケースです。

第一段階:知っている、解っている
最初の段階は、患者さんに渡す薬の効能効果を知っている。患者さんが服用効果について納得し、病気を治すことに安心感を与える説明をしなければならないことが解っている。そして自分ではできると思っている段階です。これは、薬剤師であれば当然のことです。
しかし、この段階では、仕事をしていることにはなりません。単に知っている、解っているだけで、なにも行動に移していないからです。勿論会社には利益をもたらしていません。「仕事ができる」とは、仕事をするという具体的な行動が伴わなければなりません。いくら薬等の知識があっても単なる潜在能力を保持しているだけでは「仕事ができる」ことにはなりません。具体的な成果をもたらして初めて仕事をしたことになります。

第二段階:作業をする(仕事のレベルではない)
薬剤師が個別の患者さんに対して調剤を行い薬用の説明を行います。まだこの段階では「仕事ができる」とは言えません。単に薬を渡す「作業」を行った段階です。患者さんに対し薬について一般的な説明をして、お金をいただいたことで「仕事ができている」と勘違いをするケースが多いです。これは、作業をしただけです。働く人もこの段階の作業を続けていたのでは、やる気も向上せず、モチベーションも上がりません。転職を考えてしまうでしょう。

第三段階:出来ている、役に立つ
薬剤師の説明が大変親切で分かりやすく、患者さんに安心感を与え、納得し感謝されました。第一段階でできると思っていることを実際に行動し実践する段階です。これで始めて目に見える形で出来ていることが自分以外の人にもわかります。そして行動結果が、薬剤師としての役割を通じて患者さんの役に立っていることが分かったとき始めて「仕事ができた」ことになります。

患者さんに安心感を与え・納得する行動とは、以下の行動です。
○患者さんが話しやすいように、ねぎらいの言葉をかける。
○患者さんと目線を合わせて安心感を与える。
○やわらかく、はっきりとした説明に納得感を与える。


(次ページ)2.やる気の向上について・・・

Good5

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る