新着記事・レポート

カテゴリーを選択

よくわかる社会保険

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師のやる気の向上』14.事例より考えるやる気の向上(挨拶)

『薬剤師のやる気の向上』14.事例より考えるやる気の向上(挨拶)

2013年04月10日 (水) 09時00分配信 投稿日:13/04/10 09:00 icon_view 304view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 304view

前回は、転勤等によるジョブローテーションが、薬剤師としての成長に繋がり、やる気の向上(職員満足度の向上)となり離職を防ぐことに繋がることについて紹介しました。今回はコミュニケーションとくに挨拶によるモチベーションアップについて紹介します。

 

○挨拶の効用

以前にもこのコーナーで今の薬剤師に求められる重要な要素の1つとしてコミュニケーションであることをご紹介したことがあります。

薬剤師本来の職務として、質の高い薬に関する情報提供が求められています。そのために高い倫理観やコミュニケーション力が必要となってきます。その背景は次の点にあります。

1)薬剤師の視点からプライマリケアとしての役割。
2)在宅医療における医療と医療、医療と介護を繋ぐ役割。

また、薬剤師向け専門誌の調査でも薬剤師に求められることについてコミュニケーション力が挙げられています。特に6年制薬剤師が社会に出るようになり質的に高い薬剤師のサービスが求められる中でコミュニケーション力は大きなウエイトを占めています。 しかし今まであまりコミュニケーションについて考えたことのない薬剤師にとってどのように対応すればよいか悩む点です。そこで今回はこの点について解消方法をご紹介します。
まず、コミュニケーションは挨拶から始まります。職員間で笑顔での明るい挨拶ができることにより、患者さんに対しても笑顔で明るい挨拶ができ安らぎを与えます。「おはようございます」「お大事にして下さい」「ご気分は如何ですか」など丁寧な挨拶を心がけ、気持ちの良い関係を築きましょう。あいさつの基本は、「積極的に」「心を込めて」「はっきりと」「笑顔で」「姿勢よく」の5つに注意することです。表情のポイントは、相手に対する心からの笑顔です。

さわやかに挨拶をすることによって,自分自身も,すがすがしい気分になれるものです。
そして挨拶には、「私はそこにあなたがいることを認識していますよ」ということを伝える効果があります。人は生まれたときから、自分の存在を認識してもらいたくてさまざまな行動を起こします。赤ん坊が泣くのも、自分の存在をアピールするからです。お互い挨拶することは、「あなたはそこにいますね」ということを認識しあう手段なのです。実際、業績がよくない会社や社員のモチベーションが低い会社の職場には、挨拶もせずに黙って仕事をはじめる場面が多く見られ、ギスギスした雰囲気の中で仕事をしているケースが多く見られます。


(次ページ)事例として、この挨拶により職員間の人間関係が・・・

 

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る