新着記事・レポート

カテゴリーを選択

よくわかる社会保険

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師のやる気の向上』17.事例より考えるやる気の向上(好きな仕事)

『薬剤師のやる気の向上』17.事例より考えるやる気の向上(好きな仕事)

2013年05月27日 (月) 09時00分配信 投稿日:13/05/27 09:00 icon_view 69view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 69view

前回は、「石の上にも3年」。運よく就職できた職場を知り、自らのやる気を向上させるには3年は必要であることを紹介しました。今回はやる気を持ち、職場で頑張るための仕事に対する気持ちの持ち方について紹介します。

○「好き」がことのはじめ
みなさんは、「好きこそものの上手なれ」という言葉をご存じのことと思います。
さらに中国には、「知・好・楽」という言葉があります。
これは、「そのものを知っているだけの人は、そのものを好きな人にはかなわない。
さらにそのものを好きなだけの人は、そのものを楽しんでいる人にはかなわない」
という意味です。
みなさんは、薬剤師として薬についてはプロです。つまり「知」の段階はクリアーしています。「好」からがはじまりです。まさしく薬剤師としての仕事が、好きであることが「やる気の向上」の第一歩です。
少し思い返してみましょう。日常の仕事の中で数えきれない患者さんに対して親切に病気や薬についてアドバイス出来たときの充実感や患者さんより感謝の言葉をいただいた時どのようか気持ちでしたか?仕事に対して「働きがい」や「やりがい」そして人生に対して充実感さえ感じたのではないでしょうか。まさしく薬剤師という仕事を改めて「好き」であると感じた瞬間ではないでしょうか。そのような仕事が楽しくもあると感じる瞬間があったのではないでしょうか。日々忙しく厳しい仕事を、好きな一瞬を好きと楽しんでいると、努力を努力と意識することもなく、時間もエネルギーをかけています。その結果気づいたら本人もびっくりするくらい薬剤師として成長していることがあります。今回はA薬局の店舗長より聞いた事例を紹介します。


(次ページ)A薬局は、薬剤師を10人ほど抱える公立病院の門前薬局です。・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5599件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る