新着記事・レポート

カテゴリーを選択

よくわかる社会保険

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師のやる気の向上』21.先人達の名言よりやる気の向上を考える(満足は衰退の第一…

『薬剤師のやる気の向上』21.先人達の名言よりやる気の向上を考える(満足は衰退の第一…

2013年10月16日 (水) 09時00分配信 投稿日:13/10/16 09:00 icon_view 196view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 196view

前回は、日本の教育者である森信三先生の名言、「人は一生のうちに出逢わなければならない人に必ず出逢う 一瞬早すぎもせず 一瞬遅すぎもせず」を紹介しました。人と人の繋がりの広がりは、自らは1人ではなく、仲間がいてさらに自分自身と志が同じくする者が増えることにより存在感を感じ「やる気」の向上となる。その出逢いはまさに「その時」であることもご紹介しました。今回は「日本資本主義の父」と言われる渋沢栄一氏の数多くある「名言」の1つをご紹介します。

○「満足は衰退の第一歩である」
これは、渋沢氏の名言の一つです。皆さん、目指していた薬剤師試験に合格して薬剤師となったときの気持ちを思い出してください。目標が達成できた満足感と充実感で一杯だったでしょう。そして、1か月後、1年後・・・薬剤師になることが目的ならば如何でしょう。目的を達成して新たなる目的がなくなったとき(満足な状態となった時)そこから衰退がはじまります。山の頂上に立ったのですから後は下るだけです。一方、薬剤師の資格を取得することは目的達成のための手段と考え、患者さんを助け医療業界に貢献することを目的としていたら如何でしょうか。薬剤師資格を取得することは1つの通過点と捉え次の目標、例えば薬剤師としての技量を上げ患者さんに喜ばれる薬剤師になることを目標としているならば衰退することなく成長を続けられます。1つ1つの達成感がやる気の向上に繋がります。このように自らが大きな目的に向かって、例え小さくても1つ1つの目標を決めて、それを達成し続けることがやる気の向上となります。「満足は衰退の第一歩である」は、まさしくやる気が途絶えることを防ぐ名言です。渋沢氏は、「究極の満足感を得たい」と思って前進しているときは、「もっと、もっと」とさらなる満足感を求めています。満足感に浸ることは出来ませんが、実は、それが一番の幸せなときです。と述べておられます。まさしくやる気が向上しているときです。続けて渋沢氏は、もし仮に、完璧な満足感を手に入れたとしたら、その状態が崩れてしまうことを恐れて、不安に陥ってしまうかもしれません。あるいは、永遠に満足が続いたならば、それにも飽きてしまうのではないでしょうか。と述べています。永遠の満足感は、次への成長が止まり、衰退の第一歩です。従ってやる気の向上とはならないことを示しています。


(次ページ)今回の事例は、先輩薬剤師の仕事ぶりと助言が「やる気の向上」と・・・



Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1305件)

show

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

2017.05.10 241.その可能性はあるのか 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19657件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5567件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る