新着記事・レポート

カテゴリーを選択

よくわかる社会保険

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師のやる気向上』22.薬剤師を取り巻く情勢よりやる気の向上を考える(薬剤師...

『薬剤師のやる気向上』22.薬剤師を取り巻く情勢よりやる気の向上を考える(薬剤師...

2013年11月26日 (火) 09時00分配信 投稿日:13/11/26 09:00 icon_view 262view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 262view

前回までは、薬剤師の皆さんの気持ちの持ち方や行動で、やる気の向上に繋げる事例を紹介してきました。今回より薬剤師の皆さんを取り巻く情勢の変化を見誤らず、的確に対応することによって、「やる気の向上」に繋げる方法を考えます。今回は薬剤師会が作成した「薬剤師の将来ビジョン」より考えます。

○「薬剤師の将来ビジョン」より
皆さんはすでにご存知かもしれませんが、今年の4月に薬剤師会が発表した「薬剤師の将来ビジョン(以後ビジョンという)」より今後の薬剤師の将来像について見てみます。その中から薬剤師として自らの夢が実現できる方向性を見つけ出すことが「やる気の向上」に繋がります。

ビジョンに掲げられたキーワードは、薬剤師会がビジョン作成に当たり行ったアンケートによると、『高齢社会の進展』が第一位、『国の財政逼迫』が第二位という結果でした。(ビジョンより)それを踏まえてビジョンでは、すべての薬剤師に対して薬剤師の職能および役割として、社会から何を求められ、何を成すべきなのかを規定しています。それは以下の4点です。

1. 近い将来に到来する「超少子高齢社会」における医療、介護、福祉などの社会保障体制の整備という国家的課題への対応として
(1)地域完結型の医療・介護の体制を整備するため、「地域包括ケアシステム」の一員として在宅医療における明確な役割を示し、主体的に取り組むこと
(2)「健康な長寿社会」を実現するため、日ごろの健康相談やセルフメディケーションへ貢献すること

2. 医療・薬物療法の進歩に応じ、薬剤師職能の多様化に積極的な対応として  
(1)在宅医療の進展、病院薬剤師の病棟業務等における新たな役割の進展を踏まえ、チーム医療 の一員として主体性と連携に基づいて「医薬品」というモノの管理から、薬物治療を管理する役割へと進化を果たすこと
(2)地域住民の保健指導、生活習慣病予防に、フィジカルアセスメント、すなわち検査薬使用や血圧測定等を積極的に行える体制を整備すること

3. 医薬品の開発研究、生産、流通過程において、「医薬品の安全管理」という基本認識の履行者として薬剤師が先頭に立つ
(1)薬剤師が“医療の担い手”である自覚を持つこと

4. 地域社会に貢献する
(1)薬局や医療機関における医薬品の取り扱いを通じて、社会の安全を確保するセーフティネットワークの一員として、中核的な役割を果たすこと
(2)“医療の担い手”“街の科学者”“薬化学者”として、高い倫理と専門性をもって社会の多様な役割を担うこと


(次ページ)○薬局薬剤師の将来ビジョン・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る