新着記事・レポート

カテゴリーを選択

よくわかる社会保険

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『よくわかる雇用契約書の読み方』6.よくあるトラブル事例~その2~

『よくわかる雇用契約書の読み方』6.よくあるトラブル事例~その2~

2010年11月12日 (金) 09時00分配信 投稿日:10/11/12 09:00 icon_view 336view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 336view

前回は有期雇用契約をめぐるトラブル事例についてご紹介しました。
今回は、「賃金」をめぐるトラブルについて、労働者・経営者からよくあるご相談事例を3つご紹介します。
まずは、労働者の方からのご相談の一例です。

■事例1


Q:自己都合により、11月末で退職することになり、先日退職届を提出しました。11月末に退職なので、12月のボーナスの支払いはありませんと言われました。毎年、6月10日及び12月10日がボーナスの支給日となっています。12月10日のボーナスの算定期間は6月から11月までなので、頂けるものと思っていたのですが・・・あきらめるしかないのでしょうか。


A: ボーナスの支給対象者は、原則として当事者間で自由に定めることができます。雇用契約書や就業規則などで、支給日(ここでは12月10日)に在籍している者に対し支給するということが定められている場合は、ボーナスの算定期間に勤務していても、支給日に在籍しないことを理由に、支給しなくても差し支えないとされています。

支給要件に「支給日在籍」という定めがない場合には、支給日に在籍しなくても、他の要件を満たしていれば、支給を求めることができますので、まず、雇用契約書や就業規則などについて確認してみてください。

  イメージ画像定年退職者の方へのボーナス支給についても、この支給日要件が有効 とされた裁判例があります。賞与支給日の10日前に定年退職した者が、 賞与が支給されなかったことに対して賞与の支給を求めた事件です。 会社の給与規程には、賞与の支給対象者について、支給日に在籍する ものであることが明記されており、この給与規程は合理的であるとして、 会社の措置が正当であると認められました。




(次ページ)引き続き、経営者側からのご相談について・・・

 

Good5

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5573件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る