運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

代替医療

<<前の記事へ

『代替医療』7.代替医療で我々ができること

『代替医療』7.代替医療で我々ができること

2011年02月24日 (木) 09時00分配信 投稿日:11/02/24 09:00 icon_view 272view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 272view

このコラムも一区切りつけることとします。

本来、補完代替医療が求められる姿というものが定義されて、通常の医療と共にお互いに補い合うことが必要だとは理解できますが、医学や科学は日々進歩しており、実際の医療現場や医療環境、行政などがそれについて行けない問題が大きいと思います。


代替医療の中でも「漢方」については、日本で発達した独特の医療であることは間違いなく、日本の医療に多大な貢献をしています。このコラムの中でも一部取り上げていましたが、現在、「日本東洋医学会」を中心にEBM特別委員会が設置され、漢方のRCT(無作為化比較試験)の紹介と診療ガイドラインが発表されています。

このRCTが多数紹介された「漢方治療エビデンスレポート2010」についても紹介しようと考えたのですが、この400ページを超えるレポートに含まれる多くの研究結果が、全く新薬の申請に用いられるレベルの研究ではなく、そのほとんどは少数例で実施され、結果も「臨床的に有益であった」というものが多いようです。

実際に個々に評価しているアブストラクターの先生方のレビューも歯切れが悪いこともあって、悪い言い方ですが「よくできました」や「がんばりましょう」的な評価が多く、大変残念です。また、アブストラクターの先生方も生物統計の先生かな?と思って調べて見たら(調べた範囲では)全て漢方治療をやられている先生でしたので、もっと客観性が必要だとも感じました。

従って、まだまだ不十分ながら今後更なる発展を期待させ、且つこういった取り組みが2005年以降続けられていることは、素晴らしいことだと考えます。

ということで、本文内では特に大きくは取り上げなかったことをお詫びします。


(次ページ)この学会のホームページで・・・

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る