運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

代替医療

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『代替医療』1.代替医療とは何か?

『代替医療』1.代替医療とは何か?

2010年07月23日 (金) 09時00分配信 投稿日:10/07/23 09:00 icon_view 505view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 505view

代替医療に注目し、自分の中で整理しなければならないと感じたきっかけは、NHKの特集を見たことでした。

がんに罹患した患者さん、得に再発、転移などを起こした患者さんは、藁にもすがる思いで、健康を取り戻す努力をしています。その弱さと不安につけこんでの 悪徳な商売もありますが、一般的な知識としてこういった療法は高額に設定してあります。こういった患者さんや家族が、体や心だけではなく、経済的にも困窮 してゆく状況を見て、これら代替医療について理解し、どう向き合うべきかを考えるに至りました。

また、自分や家族、親族がこのような状態になったときに、どのように考え、アドバイスすべきかについても、薬業界の一端を担ったものとして、皆様と一緒に考えてゆければと思います。


■その定義

Wikipediaで見ると、

『代替医療(だいたいいりょう、alternative medicine) とは「通常医療の代わりに用いられる医療」という意味が込められた用語である。代替医療は「補完医療」、「相補医療」とも呼ばれる。medicineは医 療とも医学とも訳されることがあるので「代替医学」とも。米国でも日本でも学会等正式の場では「補完代替医療」(Complementary andAlternative Medicine:CAM)の名称が使われることが多いようである。通常医療と代替医療の2つを統合した医療は「統合医療」と呼ばれる。
もともとは欧米から発信されている用語であり、欧米での医療の歴史が反映している概念である。』

と記述されており、日本補完代替医療学会におけるホームページには、その紹介として以下のとおり書かれています。

代替医学・医療とは一般の方には、なじみの少ない言葉です。また、その定義についてもいろ いろ議論されていますが、日本補完代替医療学会では、[現代西洋医学領域において、科学的未検証および臨床未応用の医学・医療体系の総称]と定義していま す。アメリカでは、alternative medicine(代替医学)またはalternative and complementary medicine(代替・補完医学)という言葉が使われています。また、ヨーロッパでは、complementary medicine (補完医学)という言葉が好んで使われることが多い様です。

しかし、なかには現代西洋医学と同等かあるいはそれを凌駕する医療が存在する以上、当学会はalternative medicine(代替医学)という用語を用いることとしました。いずれにせよ、通常の医学校では講義されていない医学分野で、通常の病院では実践してい ない医学・医療のことです。

日本補完代替医療学会(http://www.jcam-net.jp/index.html



(次ページ)多種多様な健康法・・・

Good5

コメントする

コメントする

コメント

回答:3件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る