新着記事・レポート

カテゴリーを選択

コミュニケーション講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『コミュニケーション講座』3.震災後のメンタルケアについて

『コミュニケーション講座』3.震災後のメンタルケアについて

2011年03月24日 (木) 14時56分配信 投稿日:11/03/24 14:56 icon_view 449view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 449view

このたびの震災においては、被災された方々、その関係の方々に心からお見舞い申し上げます。また、一日も早く安心安全な日々がおくれるようになることをお祈り申し上げます。 今回は急遽予定内容を変更し、ストレスケアについてお伝えいたします。


●誰もがショックを受けている

今回の地震と津波、その後の原発問題では、直接被害に遭われた方々はもちろんのこと、その関係者の方々、また、映像を見た多くの方々が少なからず心を痛めています。
みなさまが今どのような環境にいらっしゃるかわかりませんが、こんな状態のときには平常心を保てなくて当然です。不安や恐怖、それらから生じるイライラ、無力感など、さまざまな負の感情を感じている方も多いと思います。

まずお願いしたいのは、どうぞそんな自分を責めないであげてほしいということです。今は非常時です。動揺するのは自然な反応ですから、どうぞ自責の悪循環に陥らないでください。また、感じ方は人それぞれ違います。他人と比べることもやめましょう。

感情を抑える必要はありません。泣きたければ泣きましょう。不安であれば「不安だ」と言ってかまいません。無理に我慢するのはやめましょう。


●不安や怒りは感じていい。慎むべきは妄想とパニック行動。

このようなときに感じるネガティブな感情は自然なものですから、しっかりと感じてあげてください。そして、必要なら遠慮なく誰かに助けを求めてください。過剰な抑圧、過剰な我慢は決して美徳ではありません。人間はそんなに強くはありません。

感じるべき感情を感じないようにしていても、それらをなかったことにはできません。それらはココロの奥底に溜まっていずれとても不健康なかたちで爆発します。そんなことにならないように、自分の感情はその都度素直に受けとめてあげましょう。


(次ページ)こういうときに抑えるべきは、感情ではなく・・・

Good5

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る