運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

コミュニケーション講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『コミュニケーション講座』6.マイペースと独りよがりとの境界線

『コミュニケーション講座』6.マイペースと独りよがりとの境界線

2011年07月13日 (水) 09時00分配信 投稿日:11/07/13 09:00 icon_view 769view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 769view

●言語コミュニケーションと非言語コミュニケーション

コミュニケーションには、言語コミュニケーションと非言語コミュニケーションがあります。言語コミュニケーションとは、文字通り言葉によるコミュニケーションですが、非言語コミュニケーションとは、顔の表情、声の調子、身振り手振りなどの身体の動き、これに加えてヘアスタイルやお化粧、身につけるものすべて、つまりファッションも立派なコミュニケーションツールです。

人の第一印象は、3秒から30秒の間で決まると言われています。
そして、私たちはその後その第一印象にとても影響を受けることが知られています。
しかし、そのわずかな間に言葉のコミュニケーションはほとんどできません。となると、第一印象がつくられるのは外見などの非言語コミュニケーションによるところが非常に大きくなります。

ですから、外見にまったく気を遣わないということは、コミュニケーションの観点から言えば、「他人からどう思われてもいい」というメッセージを発信しているということになってしまうのです。

●外見に気を遣うのは相手に対する思いやり

例えば、デートで高級レストランに行くとき、女性ががんばってオシャレをしたのに男性が汚いジーンズによれよれのTシャツだったらどうでしょうか。
まず待ち合わせで女性はがっかりしますし、もしドレスコードのあるお店だったら入口でジャケットを差し出されてさらに恥ずかしい思いをするでしょう。

2人ともそういうことを気にしないのなら問題ないのですが、たとえ男性が気にしない人であっても、相手の女性が気にするのであれば、この男性は女性に対する配慮を欠いていると言われても仕方ありません。さらに言えば、お店に対する配慮も足りません。結婚式に普段着で行くようなものだと言えばわかりやすいかもしれません。


(次ページ)これは逆の場合でも同じです・・・

Good11

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る