新着記事・レポート

カテゴリーを選択

コミュニケーション講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『コミュニケーション講座』10.コントロールの罠

『コミュニケーション講座』10.コントロールの罠

2011年11月14日 (月) 09時00分配信 投稿日:11/11/14 09:00 icon_view 582view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 582view

いろいろなご相談をお受けしていると、コントロールできないものをコントロールしようとして消耗されている方が多いなあと感じます。たとえば、「あんなことがなかったら・・」「あのときああ言っていれば・・」「あの人の言っていることは絶対におかしいのに・・」「あの人はどうせわかってくれないから・・」等々です。

実は、これらは本来変えることのできない他人と過去を変えようとして、コントロールの罠に陥っている状態です。

起こってしまった過去はどんなに悔やんでも変えることはできません。また、自分のことさえままならないのに、他人を思い通りに動かすことなどできるものでしょうか。それらを変えようとすることがどんなに無為なことか、まずは頭で理解しましょう。

いろいろ考えて悩んでしまうのは、考える内容や方向性に問題があるからです。どうにもならないことをどんなに考えても解決には至りません。それどころか、自分の無力さを感じてどんどん絶望的になり、悪循環に陥ってしまいます。

よく考えることができるのは一つの能力であり、とてもすばらしいことです。深く考えることのできる方は、その力をぜひ有効に使ってください。コントロールできないことについてずっと考えていても何も事態は変わりませんが、コントロールできることについて考え適切な行動にうつせば、とても生産的で建設的、希望的です。

人が悩んでいるときは、たいていコントロールできないことについていじいじと考え続けています。ですから、自分で悩み始めたと思ったときは、今考えていることが他人と過去(起こってしまった事実)に囚われていないか自問自答してみてください。もし思い当たったら、「違う違う、それは私の力ではどうにもできないこと。そもそも私はどうしたいんだっけ。じゃあ今できることは何だろう」と自分に話しかけてみましょう。


(次ページ)多くの場合、変えられるのは自分・・・

Good11

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る