新着記事・レポート

カテゴリーを選択

コミュニケーション講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

14.アドバイスの落とし穴

14.アドバイスの落とし穴

2012年03月08日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/03/08 09:00 icon_view 435view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 435view

あなたは人から何か困ったという話を聞くと、つい気の利いたアドバイスをしなければならないと思ってしまうことはありませんか。あるいは反対に、ほしくもないアドバイスを熱く語られて閉口してしまった経験はありませんか。

かく言う私も以前はアドバイス大好き人間でした。実際、昔から友人や同僚、後輩などから相談されることが多く、その度ごとに一生懸命話を聞いて、私なりに知識や知恵を総動員してああでもないこうでもないといろいろアドバイスをしてきました。頼られることが嬉しくて何か役に立ちたかったからです。ところが、30代になって初めてアドバイスをしても相手からあまり感謝されていないことに気づき、これがカウンセリングの勉強を始めるきっかけになりました。

そこで私は衝撃を受けました。なぜなら、カウンセリングでは「原則としてアドバイスはしない」と学んだからです。もちろん、実際の場面ではアドバイスが必要なこともあるのですが、基本を学ぶときに教えられるのは「アドバイスをしない」ということだったのです。

●困った人がほしいのは、アドバイスより共感

理由は明快で、ひとつは人が悩みを話すときは辛い気持ちに共感してほしいからであって、アドバイスがほしいからではないということです。カウンセリングをしていても、「頭ではこうしたほうがいいとわかっていてもそれができない」というお悩みがよく語られます。この場合、相手に望むことは、すばらしいアドバイスではなく「それって辛いよね」などと今の辛い気持ちをまずはわかってもらうこと、つまり共感してもらうことでしょう。

また、問題が起きているときは、ネガティブな感情とともに必ずその人のなかに「こうすべき」「こうしたい」という期待や欲求が隠されています。話を聞くとき、困っている人の感情に加え、その隠れた欲求まで上手に聴いてあげられれば、それはもうほとんどカウンセリングのようなものです。


(次ページ)それでもなかには「どうしても・・・

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 new 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20161件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5703件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月11日~11月18日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月11日~11月18日

もっと見る