新着記事・レポート

カテゴリーを選択

コミュニケーション講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『コミュニケーション講座』15.コミュニケーションは発信者責任

『コミュニケーション講座』15.コミュニケーションは発信者責任

2012年04月09日 (月) 09時00分配信 投稿日:12/04/09 09:00 icon_view 508view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 508view

カウンセリングの仕事をしていると、どんな相談が多いかとよく聞かれます。私の場合、そのほとんどは人間関係に関わることです。そしてそのほとんどの場合、コミュニケーションが上手くいっていません。いろいろなケースがありますが、どちらか一方だけの問題ということはまず見当たりません。

コミュニケーションが上手くいっていないときは、必ずと言っていいほど自分の言いたいことが相手に伝わっていないものです。しかし、相談者の方々は「それは何度も言っています。」あるいは「どう言ってもわかってくれないんです。」「きっと(私が言っていることは)わかっているはずなのに・・。」「私のことなんかきっとどうでもいいんです。」などとおっしゃいます。多くの方は、「理解してもらえない私」「理解してくれない相手」について訴えられます。

ここで重要なのは、大人のコミュニケーションとは発信者責任だということです。つまり、もし自分の気持ちをわかってほしければ、わかってもらいたい人がその相手にわかってもらえるように工夫して表現する必要があるということです。

わかってもらえなくて困るのはその人自身であり、相手の人ではありません。従って、わかってもらいたい人がより多くの努力を払うのは当然であり、それを相手に求めるのはちょっと虫がよすぎるとは思いませんか。

よくある誤解は「いちいちそこまで言わなくてもわかるはず(わかってほしい)」というものですが、これは逆の立場になれば「いちいち言ってもらわなければわからない」ということがよくわかると思います。本人にとってはわかりきったことであっても、相手にしてみればそこを説明してもらわなければわからないということはたくさんあります。


(次ページ)そもそも「いちいち言う」ことを・・・


Good5

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る