運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

コミュニケーション講座

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『コミュニケーション講座』22.残念な表現2<「普通は」という口ぐせ>

『コミュニケーション講座』22.残念な表現2<「普通は」という口ぐせ>

2012年11月06日 (火) 09時00分配信 投稿日:12/11/06 09:00 icon_view 342view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 342view

私たちは日頃なにげなくさまざまな口ぐせを口にしています。口ぐせには、その人の考え方を色濃く反映しているものがあります。自分のことは気づきにくいことも多いですが、今回は代表的な口ぐせである「普通は」から、ご自分の考え方のくせや周りの方の考え方のくせを探ってみましょう。

●「普通」って何?

「普通こうじゃない」など「普通は・・」という表現は日常でとてもよく耳にします。ところで「普通」とは何でしょうか。実は多くの人が自分は普通であるか普通でありたいと思っています。そして、その普通の中身は万人に共通しているものではなく、各個人が勝手につくりあげているものです。ここで言っている「普通」とは価値観や基準のようなもの。つまり、あなたの「普通」と私の「普通」は違っていて当然、人の数だけ「普通」は存在するということです。

●「普通は」は攻撃的な表現

「普通はこうじゃないですか」と言うのは、たいてい誰かに怒っているときではないでしょうか。もしそうなら「私はあの人(あなた)はおかしいと思います」と表現すればいいところを、「私は」と言わずあの人は世間から見て非常識であり自分はそれを発見し被害も受けていると、相手を攻撃している自分を上手に正当化しようとする意図が感じられます。これは、表面的には直接相手を非難していなくても、実際には相手を「普通ではない=異常だ、おかしい、間違っている」と糾弾する極めて攻撃的な表現です。

もし「普通は・・」と言っている自分に気づいたら、心のなかで「私は・・」に言い換えてみてください。そして、相手がおかしいことで自分にどんな不都合があるのかよく考えてみましょう。冷静に考えると意外と実害は少なかったりするものです。さらに、相手にどんな不都合があるのかも考えてみると、相手の不都合を心配してあげる必要はないということに思い至るのではないでしょうか。そうすると、これは相手の問題というより自分の感情のコントロールの問題だということに気づくチャンスになるでしょう。


(次ページ)●「普通」を多用するとイライラする?・・・

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1276件)

show

2016.12.08 new 23.報われるがまん、報われないがまん 【メンタルヘルス】

2016.12.06 new 220.できる、という言葉の反対は… 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.29 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18465件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5384件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:12月04日~12月11日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:12月04日~12月11日

もっと見る