運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

コミュニケーション講座

<<前の記事へ

『コミュニケーション講座』24.会話のポイントは確認と説明

『コミュニケーション講座』24.会話のポイントは確認と説明

2013年01月09日 (水) 09時00分配信 投稿日:13/01/09 09:00 icon_view 308view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 308view

いろいろご相談をお受けしていると、人間関係のお悩みのほとんどはコミュニケーションの機能不全だと言っていいように思います。そして、悩んでいる方々の多くに共通しているのは、自分であれこれ勝手に想像しているけれど実際には相手と直接やりとりをしていないということ。多くの方は、ご自身の想像で疲れ果て消耗されています。

コミュニケーションは「聞く」と「話す」によって成立しますが、お互いに理解し合うために必要なのは「聴く」と「伝える」です。前者はただ音を発し拾うだけですが、後者は相手が何を言いたいのか、自分を理解してもらうにはどう表現したらいいかなど、お互いの理解を深めようとする態度です。コミュニケーションがうまくいっていないケースは、「聴く」と「伝える」がうまくできていないことが多いようです。

「聴く」と「伝える」とは、言い換えれば「確認」と「説明」です。仕事の場面でもプライベートの場面でも、人と話しているときに「ん?」とよく意味がわからなかったり聞き漏らしてしまったりすることは誰にでもあると思います。そんなとき、あなたはどうしているでしょうか。話の流れを止めてしまっては相手に悪いからとそのままわかったふりをして、後になってもずっと気にかかっているということはないでしょうか。

大事に至らないようなことであればそれでもいいかもしれません。しかし、もしかしたら確認しそびれたことが実はとても大事なことだったかもしれず、大事かどうかということも確認しなければわかりません。

たとえば、仕事のやりとりのなかでよくわからないところがあっても確認しないまま進めてしまって、後になってそれが原因で大きな問題に発展してしまい、「あのときちゃんと確認しておけば・・」と後悔した苦い経験は誰にでも一度や二度はあるでしょう。

他人とのやりとりでよくわからなかったことを確認せず自分でいくら想像して補おうとしても、相手が意図していたことを正確に理解することは不可能です。それどころか、想像だけに頼っていると、どんどん悪いほう悪いほうへと考えてしまいがちになり、相手が意図していたこととかけ離れたことを「そうに違いない」と信じて身動きがとれなくなってしまいやすくなります。相手にしてみれば、「そんなに気を回さないで、気軽に聞いてくれればよかったのに」という気持ちになるところです。

また、きちんと確認せずに仕事を進めて相手が求めていたものと違った結果を出してしまい、「なんで最初に(途中で)ちゃんと確認しないんだ。」と相手を怒らせてしまった経験はないでしょうか。これは、もともとは相手の気を悪くしないように遠慮したことから始まったのに、結局相手を怒らせてしまうという、なんともやりきれない事態です。


(次ページ)確認することが苦手な人によくあるのは・・・

Good3

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る