新着記事・レポート

カテゴリーを選択

医薬品工場の片隅から

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『医薬品工場の片隅から』12.ワクチン市場と2012インフルエンザシーズン

『医薬品工場の片隅から』12.ワクチン市場と2012インフルエンザシーズン

2012年01月23日 (月) 09時00分配信 投稿日:12/01/23 09:00 icon_view 279view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 279view

年も開け、寒い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。気がつけばいつの間にか2012年が始まっていた…と思うほどに激動の一年が過ぎ去ったように感じています。2011年は東日本大震災は言うに及ばす、医薬品業界の中でも、ワクチンを中心とした生物学的製剤(Biological Products)の市場動向は非常に大きく変化をした年であったように思います。企業サイドでの変化は、第一三共、北里研究所のワクチン事業の合弁会社設立や、新型インフルエンザワクチン開発・生産体制整備事業により、各社は外資系製薬会社と提携し、技術導入を図ろうとする動きを模索し始めたことなどが挙げられます。また、血液製剤分野ではベネシス(田辺三菱)と日本赤十字社の血液事業の統合など、国内でも徐々に業界の再編が進んだ一年でした。

また、現在未承認の不活化ポリオワクチンを行政が輸入し頒布するという、薬事行政上も大きなインパクトがあった年でもあります。生ワクチンとしてのポリオワクチン(OPV)は、弱毒化されたポリオウイルスを経口摂取させ、敢えて感染させるという投与形態のため、ウイルスが体内で増殖し、免疫を獲得するまでの間ウイルスを外部に放出することになる事、そして稀に起こる変異により、ワクチンを摂取したはずがポリオに罹患してしまうという副反応の問題があり、安全な不活化ワクチンの開発が待望されていました。

ワクチンに関してはドラッグ・ラグの中でも特に「ワクチン・ギャップ」として、海外では認可され、多くの公衆衛生上の成果を上げているワクチンが、なぜか国内では認可されていない。もしくは認可に長い時間がかかるという問題が、近年になってようやく子宮頸がんやロタウイルス、肺炎双球菌の海外ワクチンが認可されましたが、まだまだ海外で認可されているワクチンと比較すると、国内の接種可能なワクチンはまだまだ少ないといっても良いのが現状です。


(次ページ)一昔はワクチン不要論が・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る