運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

医薬品工場の片隅から

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『医薬品工場の片隅から』13. 2012年インフルエンザ流行とサーベイランス

『医薬品工場の片隅から』13. 2012年インフルエンザ流行とサーベイランス

2012年02月09日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/02/09 09:00 icon_view 406view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 406view

2012年のインフルエンザの流行は、1月2週目から3週目との間で定点あたりの患者報告数が約3倍となり、例年通り1月末から2月にかけて増加の傾向を辿っています。これは、年末年始の休暇や、冬休みを終え、会社や学校などでの人々の交流が活発化するという社会活動と、寒く、乾燥した気候という環境要因も影響しているものと思われます。
2011~2012年のインフルエンザウイルスの検出状況を、国立感染症研究所感染症情報センターの病原微生物検出報告をまとめたグラフを見てみると、最も多いのがA香港(H3)系統のウイルスで、ほぼ全体の8割以上を占めており、一昨年流行した新型インフルエンザA(H1)pdmは殆ど見受けられていません。
これは、2年前の流行の際にA(H1)pdmに罹患する、もしくはワクチン接種により獲得した免疫が、継続して感染を阻止していることを示唆しています。逆に、2006年~2007年に流行したH3が5年ぶりに流行していることから、H3のウイルス株が変異して、5年前のH3ウイルスに対する免疫応答性が変化していることが考えられます。これを裏付けるデータとして、昨年10月下旬に、三重県や兵庫県等で発生した集団かぜ発生に伴う防疫措置により取得された検体から、インフルエンザA(H3)型が遺伝子解析により検出され、抗原解析により今シーズンのインフルエンザワクチン株(A/ビクトリア/210/2009(H3N2))との反応性が低い抗原性であることが分かったこととも相関していると思われます。この変異の速さが、インフルエンザワクチンは一度接種しても、翌シーズンに再度接種を行い、常に変異に対して対応する必要がある、いわば「イタチごっこ」な状態になっている理由なのです。


(次ページ)それでは、ワクチンは「効かなかった」のでしょうか・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19743件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5593件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月15日~06月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月15日~06月22日

もっと見る