運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

数字のミカタ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『数字のイロハ』3.化粧品

『数字のイロハ』3.化粧品

2009年07月17日 (金) 14時32分配信 投稿日:09/07/17 14:32 icon_view 218view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 218view

■ちょっと横道




ネットのニュースを見ていると、次のタイトルが目につきました。

「Why lipstick could save your life: How a spot of lippy helps to improve your balance」
(いかに口紅は貴女の命を救うか:ちょっとした口紅は、どのようにあなたのバランスを改善するか) というもの。

その書き出しが面白くかったのですが、「外出前にあなたが口紅を塗っている間、待たされているあなたの夫の機嫌が悪くなろうとも、この研究によってあなた自身が自らを災難から救っていることがわかります」というもの。
化粧があなたを救う!なんて刺激的ですばらしいことでしょうか。

「フランス聖エチエンヌ大学による調査」
出典:フランス聖エチエンヌ大学による調査(Science & Tech)

高齢者、特に女性はちょっとした転倒によって大きな怪我や場合によって命に関わる可能性もあります。実際に、英国では70万人以上の高齢者は転倒後、病院に運び込まれます。
また、75歳以上では、腰の怪我の後、それが原因で1年以内に死亡に至るものが20%にも上ります。

科学者達は、口紅やほほ紅を使った化粧が、体のバランスを改善する一種のストレッチ運動であることを報告しました。 フランスの聖エチエンヌ大学で、65歳から85歳までの女性100人に対し、その姿勢をモニターするために特殊なインソールを用いて彼女たちの重心の中心等を調査しました。
その結果、毎日化粧をする女性は、しない女性よりも転倒に耐え、より良い姿勢とバランスを有していることがわかりました。

次のページ(化粧とエクササイズ~結論の導き方)へ・・・

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る