新着記事・レポート

カテゴリーを選択

数字のミカタ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『数字のイロハ』10.貧困率

『数字のイロハ』10.貧困率

2010年01月27日 (水) 16時58分配信 投稿日:10/01/27 16:58 icon_view 331view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 331view

■貧困率~127万円未満




最近、政権が変わってから「貧困率」という言葉を聞くようになりました。一億総中流と言われた時代は、お隣さんもお向かいさんもそれほど自分の家と暮らしぶりが変わるものではなかったようですが、こと近年はマスコミでも格差社会という言葉が氾濫するとともに、それを具体的に現す代表的な数値として「貧困率」が用いられているようです。

この貧困に関連する分析にはどうしても所得の問題だけではなく、社会福祉や税金等の政策なども大きく関わってきますので、一概に断定できるものではありません。従って、ここでお話しする内容についても、マスコミから出てくる記事についても確定的なものではなく、基本的には皆さんがご自身で判断するものです。

実際にマスコミ等で取り上げられている貧困率とは、「相対的貧困率」と呼ばれているもので、ご想像通り「絶対的貧困率」という言葉もありますが、これは1日に得られる所得が1ドル未満の人の割合ですから、データとして扱うには適当ではありません。
「相対的貧困率」とは、その国の中で等価可処分所得の中央値の半分に満たない国民の割合とのことですが、言葉が難しいので調べてみました。

等価可処分所得とは、世帯の可処分所得を世帯員数の平方根で割ったものとされています。可処分所得自体は、年収から税金と社会保険料を引いた金額です。
厚労省発表の国民生活基礎調査(図1)2006年の日本の等価可処分所得の中央値は254万円と発表されています。
とすると、254万円の半分に満たない127万円未満の所得である場合は、貧困層と言うことになります。

(次のページ)「貧困率が0%とは?」へ・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る