新着記事・レポート

カテゴリーを選択

シュウカツのススメ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

2.自己分析2

2.自己分析2

2011年12月06日 (火) 09時00分配信 投稿日:11/12/06 09:00 icon_view 430view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 430view

前回は未来の自分を考える未来向きの自己分析について紹介しました。この回では過去向きの自己分析について紹介したいと思います。A4の紙とペンがあれば今回も分析できます。なぜ過去の自分を知る必要があるかと言うと、人の考え方は簡単に変わらないからです。人の性格は3歳から5歳頃に決定すると言います。これまでの自分の考え方や嗜好を知っておけばどのような環境が適しているのか、ある程度予想できます。
 

自己分析(過去向き)

過去を調べる自己分析は自分の体験を横断する視点で見るツールです。ここから見えてくるのは主に「自分の強み」です。他にも多くの情報を得ることが出来ます。何を横断的に見るかと言いますと、過去の体験とそれに伴う困難、行動、結果、成長です。いくつか挙げてみましょう、どんな体験でも構いません。例えば、「アルバイト」という体験。困難は「バイト先の雰囲気が非常に悪い」とします。そこで「店長と従業員達の仲が悪いのが原因と考え、イベントなどを企画して改善しようと試みた」という行動を取りました。結果は「バイト先に会話が生まれるようになり、業務もスムーズになった」。そして、「この体験を通して、勇気を出し組織の問題をしようとする大切さを学んだ」という成長がありました。といった具合に該当する用語に当てはめます。
では、紙とペンを使います。横向きに紙を広げ、6×6横長の表を作ってみましょう。横の一番上のセルには体験、困難、行動、結果、成長と書き、縦の一番左のセルには小学校、中学校、高校、大学1、大学2と書きます。大学での体験は現在の自分に最も近いので2つとしましたが、2つに限らず、3つ、4つあげて構いません。表が埋まってきたら、「強み」を探します。行動、結果、成長の欄を縦に見て各体験で共通して発揮された強みを探します。例えば「集中力がある」「積極的」「ポジティブ」など。一つの言葉である必要はありませんが、出来るだけ単純に表現できるといいと思います。困難を乗り越える際、その強みを軸に行動しているのではないでしょうか。

資料



(次ページ)抽出して文章化する・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 new 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20161件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5705件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る