新着記事・レポート

カテゴリーを選択

シュウカツのススメ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『就職活動日記』4.有価証券報告書を見よう

『就職活動日記』4.有価証券報告書を見よう

2012年02月13日 (月) 09時00分配信 投稿日:12/02/13 09:00 icon_view 263view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 263view

前回は説明会とインターンシップについてお話しました。今回は企業の財務データを使った企業分析と情報管理についてまとめてみようと思います。

有価証券報告書を見よう
情報収集のツールの一つに有価証券報告書があります。上場している大規模な薬局や製薬企業、卸、CROなどの企業はネット上で公開しています。有価証券報告書とは上場している企業が金融商品取引法に基づいて作成した開示資料です。財務データが主ですが、他にも様々な情報が書かれています。有価証券報告書はPDF形式でEDINET(http://info.edinet-fsa.go.jp/)やUllet(http://en.ullet.com/)、株主プロ(http://www.kabupro.jp/)などのサイトに公開されています。
しかし、有価証券報告書はあまりにも膨大で全てを理解するには専門知識が必要なので、全てを読むのは困難です。とは言っても、企業分析に使える情報だけを抽出する分には充分な存在です。ただし、私は会計学を専攻しているわけではありません。誤解を招く記載があるかも知れません。筆者の今後の勉強のために、気になる点を指摘して頂けると大変有り難く思います。

企業分析に使えるのは報告書の第一部・企業情報の項です。特に「経営指標の推移」「事業の内容」「関係会社の状況」「従業員の状況」「業績等の概要」などのページが有用だと思います。例えば、「経営指標の推移」にある売上高や従業員数は同業他社と比較すると企業規模をはかるものさしになります。また、大企業ほど関連会社との関係が複雑になってきますが、「関係会社の状況」を見れば整理できますし、「従業員の状況」から平均勤続年数や平均年収なども閲覧できます。


(次ページ)せっかく財務データがあるので・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5568件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る