運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

シュウカツのススメ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

4.有価証券報告書を見よう

4.有価証券報告書を見よう

2013年02月13日 (水) 09時00分配信 投稿日:13/02/13 09:00 icon_view 270view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 270view

前回は説明会とインターンシップについてお話しました。今回は企業の財務データを使った企業分析と情報管理についてまとめてみようと思います。

有価証券報告書を見よう
情報収集のツールの一つに有価証券報告書があります。上場している大規模な薬局や製薬企業、卸、CROなどの企業はネット上で公開しています。有価証券報告書とは上場している企業が金融商品取引法に基づいて作成した開示資料です。財務データが主ですが、他にも様々な情報が書かれています。有価証券報告書はPDF形式でEDINET(http://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)やUllet(http://en.ullet.com/)、株主プロ(http://www.kabupro.jp/)などのサイトに公開されています。
しかし、有価証券報告書はあまりにも膨大で全てを理解するには専門知識が必要なので、全てを読むのは困難です。とは言っても、企業分析に使える情報だけを抽出する分には充分な存在です。ただし、私は会計学を専攻しているわけではありません。誤解を招く記載があるかも知れません。筆者の今後の勉強のために、気になる点を指摘して頂けると大変有り難く思います。

企業分析に使えるのは報告書の第一部・企業情報の項です。特に「経営指標の推移」「事業の内容」「関係会社の状況」「従業員の状況」「業績等の概要」などのページが有用だと思います。例えば、「経営指標の推移」にある売上高や従業員数は同業他社と比較すると企業規模をはかるものさしになります。また、大企業ほど関連会社との関係が複雑になってきますが、「関係会社の状況」を見れば整理できますし、「従業員の状況」から平均勤続年数や平均年収なども閲覧できます。

せっかく財務データがあるので、財政状態を読み解いてみましょう。「経営指標の推移」の表中の「自己資本比率」に注目します。自己資本比率は「会社にあるお金(資産)」のうち、「借金(負債)」と「会社のお金(資本)」の割合がどのくらいか計算したものです。
基本的に自己資本比率が小さいほど「自分のお金(資本)」の割合が小さく「借金(負債)」の割合が大きいため、財政基盤が弱いと言われています。業界によって違いがありますが20~40%くらいがごく一般的な水準と言われています。ですから、20%未満の場合は財政基盤が弱いといえます。ちなみに、製薬企業は他の製造業と比較してかなり高い水準にあります。
ただし、銀行などの金融機関は顧客からの預金(負債)が大きいのでこの限りではありません。そのような例外的な業界を除けば財政状況を推定する上で有用だと思います。他に注意したい事は、自己資本比率が40%を超えていても倒産する場合や、10%を下回っていても存続している場合があることです。とはいえ、自己資本比率は大きいに越したことは無いので比較する上で有用な指標です。

情報管理について
企業にエントリーするとIDとパスワードの設定を求められます。これは多少ややこしいところがあり、使える文字数や文字の種類が企業ごとに異なる場合があります。エントリーする企業数が10くらいなら楽に管理できますが、20~30くらいになるとパスワードなどの管理が大変になります。私はエクセルを使った管理をお勧めします。

表

このような表を作成して管理していました。パスワード管理のほかに重要な締め切りや選考状況が一目で分かるようにしておきます。また、企業分析で得た情報を右側にどんどん足していけるようにしました。さらに、採用ページへのリンクを貼り付けておけば、すぐに企業ページへ飛べます。また、シートごとに職種を分けていました。例えばシート1は「研究・技術職」、シート2は「その他」という具合です。就活が進むと個々の状況把握が大変になるので早いうちから管理するくせを付けておくとなお良いと思います。

企業分析のまとめ
・説明会に参加するときは参加目的を持ち、果たせるようにする
・目的を持ってインターンシップに参加してみよう
・有価証券報告書で客観的なデータを集めよう
・情報管理はエクセルを使おう



著者:伊藤雅隆

 

*この記事は2018年2月14日に更新しました。
*本記事の掲載内容、データ、リンク先、著者の所属先や肩書などは掲載当時のものです。

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1363件)

show

2018.02.21 new 282.現実味を帯びてくる中医協のネット生中継 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.02.14 new 281.たった50件程度に動揺する業界 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.02.07 280.新年賀詞交歓会を前にまさかのひと言 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.02.01 96.患者本位の「おくすり手帳」 【世塵・風塵】

2018.01.31 279.スケールメリットを真剣に議論する時期に 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20512件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5782件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:02月16日~02月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:02月16日~02月23日

もっと見る