運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬局×経営

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『若者よ、開局しよう!』4.物件を探す

『若者よ、開局しよう!』4.物件を探す

2012年01月26日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/01/26 09:00 icon_view 415view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 415view

薬局で働いて修業を続けながら、夢を現実にしていくためには、具体的な行動も必要です。入社3年目ぐらいで、日々の仕事の合間に何とか時間を作って、物件探しを始めてみましょう。「3年目で物件探しなんて早すぎるのでは?」と考える方もおられるでしょうが、適当な物件はそんなに簡単には見つかりません。日ごろから探して、目を養っていくことが大切です。今回は、物件の探し方を解説します。
 

面の処方箋が取れる場所を選ぶ

物件探しのポイントは、「面の処方箋が見込める場所」であることです。「面の処方箋」というのは、近隣の医療機関以外の処方箋です。処方箋を確保する上では、診療所の近隣に出店すべきですが、その診療所以外からの処方箋がまったく見込めない立地は避けるべきです。診療所の処方箋だけに依存してしまうと、薬局の経済をすべて診療所の医師の働きにゆだねることになります。処方箋を、自分の努力で増やすことができなければ面白みに欠けますし、医師に何かあれば経済的に行き詰まってしまいます。診療所の1日の発行処方箋枚数を気にする必要はありますが、少しぐらい多くても、面での処方箋がまったく見込めない立地はお薦めできません。
 

自分の足で歩いて探す

 具体的には、沿線を決めて一駅ずつを降りて、駅の周辺を歩き周り、近隣に薬局がない診療所を探しましょう。もし見つけたら、周りの様子をよく観察します。見るべきポイントは、その医院を受診する患者さん以外の人通りです。朝夕の通勤時間帯や昼間の人通り、休日の人の動きなどをチェックしてみましょう。
人通りがそれなりにあれば、薬局を造るための具体的な場所を探します。面の処方箋を獲得しやすいのは、医院と住宅街の間、もしくは医院と駅の間です。そこに、空き地や古い商店などがないかを探します。広さは15坪程度で十分です。実際に物件を探すときが来たら、地元の不動産屋さんにお願いする手もありますが、まずは自分で探してみましょう。


(次ページ)診療所について調べる・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る