運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬局×経営

<<前の記事へ

『若者よ、開局しよう!』6.選ばれる薬局になるために

『若者よ、開局しよう!』6.選ばれる薬局になるために

2012年03月19日 (月) 09時00分配信 投稿日:12/03/19 09:00 icon_view 434view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 434view

薬局を開局した段階で「夢は達成!」というわけではありません。むしろ開局してからが勝負といえます。立ち上げた当初は、やることも多く、軌道に乗せるまでは忙しい日々が続くでしょう。ただ、オーナーであれば、その忙しさも苦労ではなく満足感として味わうことができます。そして次第に、処方箋枚数を増やしたいという意欲がわいてくるものです。

そこで、できるだけ早く、次のステップへと進み、開局した醍醐味を実感する必要があります。空いた時間に在宅に行く、病院の地域医療連携室に顔を出してみる、気になる患者さんに徹底的にアプローチする、健康教室を開く――。勤務薬剤師時代にやりたくてもできなかったことを、どんどんやってみましょう。


自分の給与を自分で稼ぐ
昇給についても考える必要があります。勤務薬剤師時代は、給与体系がある会社であれば、特別なことをしなくても毎年のように昇給されていたと思いますが、独立するとそうはいきません。自分の昇給は自分で考えなければなりません。また、昨日まであなたが従業員だったときの気持ちを思い出して、従業員の昇給も考える必要があります。つまり売り上げを増やして、みんなの給与を上げていく必要があるのです。それが従業員への愛です。調剤報酬の大幅な増加はもはや見込めませんから、自分で売上アップの対策を考えて実行するしかありません。

まずは目標設定します。例えば、1日5枚の処方箋を増やすことを目標にしてみましょう。処方箋単価が7000円として、稼働日数が23日としたら、1日5枚の処方箋アップで、1カ月に80万5000円の収入アップとなります。薬剤費はおおよそ7割程度なので、それを抜くと、24万1500円の利益増です。もし達成できたら、自分の給与を月に5~10万円、上げても差し支えないでしょう。


(次ページ)薬局を開局した段階で・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19750件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る