新着記事・レポート

カテゴリーを選択

がん治療

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『がん治療と向き合う薬剤師』1.臨床腫瘍薬学研究会について

『がん治療と向き合う薬剤師』1.臨床腫瘍薬学研究会について

2012年02月01日 (水) 09時00分配信 投稿日:12/02/01 09:00 icon_view 423view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 423view

1.はじめに

 わが国では、2人に1人ががんに罹患するといわれており、年間30万以上の人ががんでなくなっています。そのため国ではがん対策として第3次対がん10か年総合戦略やがん対策基本法など様々な対応をとっています。がん治療は手術・薬物療法・放射線療法を単独または組み合わせて行っていますが、そのうち、薬剤師は主に薬物療法を担当しています。では、がん薬物療法において薬剤師はどのように関与しているのでしょうか。
最近のがん薬物療法は、副作用の少ない抗がん薬や新たな治療法の開発、副作用対策の充実により外来においてがん薬物療法が行われるようになってきています。しかし、外来における抗がん薬の点滴静注等による治療では、患者が自宅へ戻ってから発生する副作用への対応が問題となります。病院では、医師、薬剤師、看護師などの医療従事者が副作用発生時に対応しますが、患者の自宅で発生する副作用には、患者や家族などで対応しなければなりません。病院で対応方法などを聞いてはいますが、患者はとても不安な時を過ごすことになります。対応が遅れると命にかかわる事態になることもあります。
 

2.がん治療への薬剤師の関わり

 病院では、がん専門薬剤師やがん薬物療法認定薬剤師が中心となり、外来の治療センターなどで、抗がん剤調製を行うとともに、患者に抗がん剤による治療内容や発生する副作用とその対策などについて説明しています。外来患者に対する薬剤師外来を設置し副作用モニタリングや支持療法の提案などを行っている病院もあります。


(次ページ)しかし、薬剤師が外来患者に・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る