運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

がん治療

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『がん治療と向き合う薬剤師』2.臨床腫瘍薬学研究会(薬局薬剤師としての活動)

『がん治療と向き合う薬剤師』2.臨床腫瘍薬学研究会(薬局薬剤師としての活動)

2012年02月23日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/02/23 09:00 icon_view 530view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 530view

1、はじめに

 私が現在勤務している店舗は、東京女子医大病院の門前に在ります。東京女子医大病院は、東京都のがん診療連携拠点病院です。その門前薬局にいながら、がん患者のサポートができないのは問題ではないかと感じました。
  私が調剤薬局に勤務してから10数年、「余計なことを言ってはいけない。」それが、がん患者に対しての薬局薬剤師のスタンスでした。告知を受けているかもわからないのに、「抗がん剤です。」と説明するわけにはいかず、ましてや医師の治療の妨げになってはいけないと考え「医師から、説明を受けていますか?医師の指示通りに使ってくださいね。」と当たり障りのない言葉しかかけられませんでした。
  また、医療用麻薬を多数在庫している店舗の薬剤師でありながら医療用麻薬の知識もままならない自分を歯がゆくも感じておりました。
  そんなある日、東京女子医大病院薬剤部の友人から病院内で開催されている「緩和薬物療法専門薬剤師勉強会」への参加を勧められました。病院薬剤師の勉強会に薬局薬剤師が参加してついていけるのだろうかと不安もありました。しかし、思い切って飛び込んだことがきっかけとなり、後に薬薬連携の足掛かりをつかむことができたのだと思います。
 

2、病院薬剤師との交流

 「緩和薬物療法専門薬剤師勉強会」はその当時、薬局薬剤師は私を含めて2人だけでした。しかも症例検討のグループワークなので発言も求められます。最初こそ戸惑いましたが、継続は力なり、参加から1年たった頃には、病院薬剤師の中で自然にディスカッションができるようになっていました。麻薬処方箋を調剤しながら、患者の背景や、痛みの具合を意識するようになり服薬サポートの際には、患者やその家族の麻薬に対する不安を取り除く話もできるようになりました。


(次ページ)それから数か月たったある日・・・

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19743件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5593件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る