新着記事・レポート

カテゴリーを選択

がん治療

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『がん治療と向き合う薬剤師』3.臨床腫瘍薬学研究会(薬薬連携)

『がん治療と向き合う薬剤師』3.臨床腫瘍薬学研究会(薬薬連携)

2012年03月22日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/03/22 09:00 icon_view 299view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 299view

1.はじめに

 私の勤務する調剤薬局は、内科・小児科・耳鼻咽喉科・整形外科の門前として地域密着型の業務を行い、在宅医療へも少しずつ取り組んでいます。また、応需する処方せんは多岐にわたり、月に数名ではありますががん患者の来局もあります。
  近年、がん患者のがん化学療法は入院から外来へと移行しています。病院では抗癌剤の注射剤を投与し、調剤薬局へは内服抗癌剤の処方せんが持ち込まれる場面が多くなってきました。また、注射剤のみの投与で院外処方せんには有害事象を軽減させるための支持療法薬のみが記載される場合も少なくありません。
  このような時代の流れの中で、薬局薬剤師ががん患者への切れ目のない関わりをどのように構築するのかが重要です。さらに病院薬剤師との薬薬連携をどのように取っていけばよいのか、お互いの立場を経験したことから述べてみたいと思います。
 

2.病院薬剤師の関わり

 私が以前勤務していた病院は東京都認定がん診療病院に認定され、多摩地区において地域医療の中核を担っていました。そこでは、がん患者さんが通院治療をしている輸液療法室の専任薬剤師に任命され、同時に緩和ケアチームにも所属することになりました。
  輸液療法室では抗癌剤を無菌調製したり、がん化学療法レジメンの治療スケジュール、有害事象の説明とその対処方法、支持療法薬の使用方法等について服薬指導を行い、院内で作成したツールを用いて患者、家族および薬局薬剤師への情報提供も行っていました。また、他職種と連携して医師の診察前に問診をとったり、クリニカルパスを用いて有害事象の評価を行ったり、抗悪性腫瘍剤の減量や支持療法薬の提案など積極的に関わっていました。


(次ページ)その一方で、有害事象の多くは・・・

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5571件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る