新着記事・レポート

カテゴリーを選択

がん治療

<<前の記事へ

『がん治療と向き合う薬剤師』4.薬薬連携の重要性‐薬局薬剤師の立場から-

『がん治療と向き合う薬剤師』4.薬薬連携の重要性‐薬局薬剤師の立場から-

2012年06月11日 (月) 09時00分配信 投稿日:12/06/11 09:00 icon_view 443view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 443view

1.はじめに

  日本人の 3 人に 1 人ががんを死因とする現在、がんは多くの日本人が直面しうる疾患です。がんの治療法には外科療法・放射線療法・化学療法があり、最近ではいくつかの治療法を組み合わせるケースが増えています。また、化学療法だけを見ても、多剤併用療法が主流となっています。投与時間が短く、副作用の少ない薬剤の開発、副作用対策の進歩、患者のQOL向上を意識した治療法の確立により、外来で化学療法を受ける患者数は近年急速に増加しています。内服抗がん剤は個々の患者の状態に合わせて投与され、様々な点滴薬剤と併用される場合もあり、予後や治療方針の変更に係わる副作用も多いです。そのため、継続的に服薬状況や副作用状況を確認することが重要です。さらに、日常生活での注意点や、体調変化が生じたときの対応方法などの情報を提供することも大切です。
これらのことから、化学療法の効果を最大限に発揮するために、薬局薬剤師の役割が注目され始めました。
 

2.薬局の実状

 私が勤務している調剤薬局は、東京都のがん診療連携拠点病院である大学病院に隣接しており、がん患者の来局が数多くあります。このような立地の薬局なので、病院との連携は確立され、服薬サポートもしっかり行われているのだろうと入社前の私は思っていました。
しかし、実状は異なりました。薬局薬剤師は病院薬剤師に比べるとがんの化学療法についての知識が不足しており、処方箋からだけでは医師の処方意図を十分に読み取ることができず、また、告知の有無が分からない、余計なことを言って治療の妨げになったらどうしようという不安、心のケアの方法がわからないなどの点から、患者からも十分な情報収集が行えていませんでした。すなわち、がん種も、病院で受けている治療や説明内容も、臨床検査値も不明確な状態で処方監査を行い、当たり障りのない無難な服薬サポートを行っている状態でした。
この状態は、"薬剤師"としての役割を果たしていると言えるのでしょうか?


(次ページ)3.薬局と病院の連携の実現・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る