新着記事・レポート

カテゴリーを選択

医薬品業界

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『いまさら聞けない医薬品業界』(1)薬剤師を取り巻く環境_1_医薬品業界6つのカテゴリ

『いまさら聞けない医薬品業界』(1)薬剤師を取り巻く環境_1_医薬品業界6つのカテゴリ

2012年03月28日 (水) 09時01分配信 投稿日:12/03/28 09:01 icon_view 622view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 622view

■医薬品は、「モノ」と「情報」があって初めて価値を持つ

最近の薬剤師を取り巻く環境の変化は、大学卒業時に学んだ頃に比べ、過去の延長線上で考えるのが困難になったと言われています。みなさんも、働きながらなんとなく環境の変化を感じているのではないでしょうか。
私の薬科大学卒業は1994年(平成6年)ですので、もうだいぶ歳月が経ちましたが、就職活動時に製薬企業のMR(医薬情報担当者)を選び、製薬メーカーの視点で医薬品業界を見てきました。製品としての医薬品を軸にしますと、モノの流れを川の流れに例えて"川上"と言われる視点です。約10年間勤務する中で、MRから医薬品市場を分析したりし、販売促進プロモーションや政策管理に従事しました。その後、医薬品業界の変化を感じ、"川下"である保険薬局に転職することになります。モノとしての川上と川下を経験してみると、面白いことがわかりました。情報としての医薬品を軸にすると、医薬品の使用者である患者と日々接している薬剤師は、情報の上流に位置しているのです。医薬品は、化学物質で工業製品として「モノ」の側面と、効能・用法用量や副作用などの「情報」としての側面を併せ持って、初めて医薬品としての価値を持ちます。特に、近年ではインターネットの普及もあり、患者でも医薬品の情報を取りやすくなった環境もありますので、医薬品の「情報」としての比重が高まったと考えられます。また、一部の高薬価な医薬品を除いては、同種同効薬やジェネリック医薬品の拡大に伴い、「モノ」としての比重が相対的に低くなっているという見方もできるかもしれません。


(次ページ)このように考えてみますと・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る