新着記事・レポート

カテゴリーを選択

医薬品業界

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『いまさら聞けない医薬品業界』(1)薬剤師を取り巻く環境3.薬剤師の働き方4分類と相関

『いまさら聞けない医薬品業界』(1)薬剤師を取り巻く環境3.薬剤師の働き方4分類と相関

2012年04月30日 (月) 09時00分配信 投稿日:12/04/30 09:00 icon_view 1006view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 1006view

■薬剤師としての働き方とコミュニケーション

薬剤師としての働き方は、厚生労働省が2年に一度公表しているデータからも、大きく分けて4つあります。多いほうから、保険薬局、ドラッグストア、病院、製薬企業です。著書の特徴でもあるように働き方とコミュニケーションの2つの視点で、友人たちへのヒアリングも踏まえてのこの4つの職種をご紹介します。
働き方については、患者や顧客に対して自ら主体的に働くのか、または医師などの指導の下に従属的に働くのかという軸、一方で将来のキャリアパスも考えた多様性のある仕事なのか、それとも何かを極めていくような画一性な仕事なのかという2つの軸で4分類します。コミュニケーションでは、他の職種との接触頻度の多少を枠の大きさで、その職種との関係性の深さを濃淡で表現し、その相関関係を内側と外側に分けて考えます。自分が選んだ道で、または自分で選ばなかった道で、仲間たちは今どんなことをしているのか、あらためて気づくところがあれば幸いです。

1 

2

■保険薬局

医薬分業の流れの中で、薬剤師の約半数が薬局とドラッグストアに勤めています。その中で保険薬局では、毎日多くの患者や家族と向き合い薬剤師として自ら主体的に服薬指導に関わっています。管理薬剤師になると、在庫管理や職員のシフト調整など店舗管理業務も加わり仕事の幅も広がってきます。また、複数店舗をチェーン展開している薬局ですと、複数店舗を管理するマネジメント職、新入社員やキャリア採用への教育部門もあり豊富なキャリアパスが用意されている企業もあります。保険薬局でのコミュニケーションは、毎日の数十人の患者と接するため、外側のコミュニケーションの比重が高いのが特徴です。

   3


(次ページ)■ドラッグストア・・・

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:2件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る