運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

医薬品業界

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『いまさら聞けない医薬品業界』(1)薬剤師を取り巻く環境5.MRとのかかわり【1】どん

『いまさら聞けない医薬品業界』(1)薬剤師を取り巻く環境5.MRとのかかわり【1】どん

2012年06月13日 (水) 09時00分配信 投稿日:12/06/13 09:00 icon_view 438view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 438view

■過去から現在

MRの活動を薬剤師側からみると、薬局では新製品のパンフレットを持ってきたり、添付文書改訂の連絡をしたり、ボールペンなどの文房具などサービス品を持ってくる人と見られているかもしれません。病院では薬局での活動に加えて、医局訪問時に薬剤部に立ち寄り記名して名札を取りにきたり、医師の処方状況を確認したりといったことが目に見える活動なのではないでしょうか。

MRは、1997年から資格制が導入されましたが、1993年以前は「プロパー」と呼ばれた時代が長かったのです。プロパーとは、プロパガンダ(Propaganda)が語源といわれ、プロパガンダとは特定の意識・行動へ誘導する宣伝行為のことを指し、言いかえれば自社製品の処方・普及がメインでした。

みなさんも話に聞いたことがあるかもしれませんが、昭和の時代は過剰なサービス競争が行われ、新規採用や処方への誘引などに、現在は禁止されている現金のキャッシュバックや製剤見本の添付行為なども存在したことも事実です。

華美過大な接待行為や贈答品も、医師の処方へ影響を与える利益相反(Conflict of Interest:COI)も無視できないことから、製薬企業が加盟している日本製薬工業協会(製薬協)で自主基準を設けました。この時代の移り変わりは、行き過ぎた営業活動を見直し、プロパーからMRへの資格制導入へ至った経緯でもあります。


(次ページ)■期待される二つの役割・・・

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19752件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月20日~06月27日

もっと見る