新着記事・レポート

カテゴリーを選択

医薬品業界

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『いまさら聞けない医薬品業界』薬剤師の働き方(節約)

『いまさら聞けない医薬品業界』薬剤師の働き方(節約)

2012年10月31日 (水) 09時00分配信 投稿日:12/10/31 09:00 icon_view 317view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 317view

■ユニクロ、マクドナルド、グーグルのお得感

私たちの生活にとって、節約って大事ですね。無駄に割高なものを買いたくないですし、安くていいものを探したくなります。電気や水道にしても節約するものと教えられています。

衣服ならタンスやクローゼットにはユニクロ製品が入っている人も多いでしょうし、外食でマクドナルドに行ったことない人のほうが少ないでしょう。インターネットなら、グーグルのもたらす無料というのは魅力的で使っている人は多いと思います。

このように生活に浸透している安くてお得感のあるものは、限られたお金の中でお財布にやさしく、ありがたいモノです。このほかにも多くのモノやサービスが、私たちの身の回りに多く存在し、その中からそれぞれの価値観で選んでいます。
 

■医療財源という源泉

私たちにとって、限られた身近なお金。言い方をかえると私たち薬剤師の給与はどこから、運ばれてくるのでしょうか。

もちろん、所属している企業や病院などからです。その企業や病院などは、どこからお金を得ているのでしょう。一つは顧客や患者です。ドラッグストアであれば小売業なので、モノを買ってくださった顧客となります。薬局や病院であれば、患者が保険を使うことで全額のうち3割を負担して支払ってくれます。さて、あとの7割はどこから支払われるのでしょう?

かなり大雑把なのは承知ですが、医療機関(薬局と病院)の薬剤師の給与の源泉は、3割は患者で、7割は保険者である国や自治体、健康保険組合なのです。いわば、7割は税金である国の財源ということです。

今、その7割を支払ってくれている医療財源という国のお財布が、持続困難な状況に追い込まれています。もし、このまま医療費が増大し続け国家の財政が破綻すると、かなり極端な表現になりますが、レセプト請求しても基金からの支払いが遅延したり、請求したにもかかわらず減額させられたり、最悪は支払われなくなる可能性もあります。視点を変えると、私たち医療従事者の給与が支払われなくなる可能性もあるというものです。


(次ページ)■医療へのコスト意識・・・

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る