運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

医薬品業界

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『いまさら聞けない医薬品業界』(2)薬剤師の働き方11.求められているこ

『いまさら聞けない医薬品業界』(2)薬剤師の働き方11.求められているこ

2012年11月21日 (水) 09時00分配信 投稿日:12/11/21 09:00 icon_view 301view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 301view

ダイエットって成功事例は多く見かけるのですが、やってみると案外続かないものです。突きつめて考えると、摂取するカロリーを減らすか、消費するカロリーを増やすかの単純なことなのにもかかわらず、続かない・・・

頭で理解できていても、行動が伴わないことってよくあります。タバコを止めるぞ、お酒はもう飲むのをやめとこう、薬飲み続けなきゃ・・・特に自覚症状のない疾患での服薬の場合、飲み忘れや、自己判断による中断も多いのが実態だと思われます。

こんな患者の服薬指導にあたるとき、「コンプライアンスが良くない患者」とかで一言ですませていませんでしょうか。

医薬品の最終消費者でもある患者は、その薬剤を飲んだり、使ったりする最後の決断は自分自身で行います。処方されているにもかかわらず、きっちり服用していなかったために、薬剤の効果が発揮できていなかったというケースも存在するのです。

指示どおりの服薬は、薬剤本来の効果を発揮させ患者のQOLが高まるばかりか、再発や重症化の予防につながり総医療費の低減にも影響を及ぼすことがわかっています。

そのために以前は、薬剤師の役割として、薬の服用を遵守させる意味の「コンプライアンス」の向上がありましたが、現在の患者中心の医療においては、患者が自発的に服用を行う「アドヒアランス」の向上に役割が変化しています。

あらためて、アドヒアランスはどういう意味なのか整理してみましょう。

~日本薬学会ホームページ薬学用語解説より引用
アドヒアランス【Adherence】とは、患者が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って治療を受けることを意味する。


(次ページ)従来、医療者は「医療者の指示に・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19745件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る