新着記事・レポート

カテゴリーを選択

医薬品業界

<<前の記事へ

『いまさら聞けない医薬品業界』(2)薬剤師の働き方12.求められていること(3.情報の

『いまさら聞けない医薬品業界』(2)薬剤師の働き方12.求められていること(3.情報の

2012年12月12日 (水) 09時00分配信 投稿日:12/12/12 09:00 icon_view 253view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 253view

■商品モニターとか興味ありますか?

家電製品、洋服、お菓子などなど・・・世の中には、ここには書ききれないぐらいの商品があります。その商品の作り手側は、商品を購入する使い手側の意見を知りたくて仕方がありません。だから、サンプルとして提供したり、無料で貸し出したりするなどして、モニターを募集して使用者のニーズなどを探ることがあります。

商品の作り手側は、新製品発売前の開発やマーケティングなどを行い、ごく少数のユーザーからの意見で商品を市場に出すことが多いのです。そこでは、限られた使用方法だったり、限られた嗜好のユーザーの集まりだったりしますので、市場に出してみたら意外に売れなかったとか、予想をはるかに上回る売れ行きで生産を一時中断することもあります。

これは、いわば需要と供給の計画が外れたということで、実は売れても売れなくても、作り手側にとっては好ましい結果ではありません。中には話題性を狙って、計画通りに欠乏感を演出し、顧客に対して強く欲しいと思わせることもありますが、これは狙い通りと言えます。
 

■医薬品の発売前と発売後

「創薬」は、医薬品を開発するための基礎研究から医薬品として製造・販売されるまでをいい、「育薬」は、医薬品が医療機関で使われるようになってから、そこで得られた情報をもとにより安全な使い方の検討や、より使いやすい改善が行われることをいいます。

使用している患者にとっては、一生使い続けなければならないものも存在するため、長い年月をかけ使い続けていると他の医薬品と併用したり、量を変えたりして使われることもあります。その結果、治験段階では発見できなかった副作用が出現することもありますし、使い方などの改良すべき点がわかってきます。

このように、医薬品は発売後、さまざまな病態の患者に使用されます。医薬品の適正使用のためには、治験時の情報だけでは必ずしも十分とはいえません。

医薬品の起こりうる副作用などを予知するための情報としては、添付文書の副作用情報のみでは不十分であり、副作用の発現を最小限に抑え、有効性を最大限に発揮させる使い方に関する情報が大変重要になっています。特に、治験時に除外されることの多い、小児、高齢者、妊産婦、肝機能や腎機能障害を持つ患者の使用実態や、長期使用における延命効果、QOLの改善などの情報を正しく収集することが大変重要です。


(次ページ)■医薬品安全対策・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1305件)

show

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

2017.05.10 241.その可能性はあるのか 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19657件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5567件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る