新着記事・レポート

カテゴリーを選択

ドラッグストア

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『次世代のドラッグストア』3.調剤の教育とドラッグストアの教育は何が違う?

『次世代のドラッグストア』3.調剤の教育とドラッグストアの教育は何が違う?

2012年06月04日 (月) 09時00分配信 投稿日:12/06/04 09:00 icon_view 764view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 764view

こんにちは、第3回目は薬剤師教育についてです。
タイトルの通り「調剤の教育とドラッグストアの教育は何が違う?」というテーマについて考えたいと思います。

ただ、結論から申し上げますと
『本当に学ばなければならないことは調剤もドラッグストアも変わらない』
ということです。

なぜなら、弊社においては調剤単独・調剤併設ドラッグストア・ドラッグストア単独という3つのカタチがありますが、薬剤師は調剤単独店舗と調剤併設ドラッグストア店舗を流動的に経験していくため、教育方法もどちらのステージにおいても顧客へのアウトプットを意識したもの、また周囲のスタッフ(非薬剤師)へのOJTを実施できるレベルの人材が求められているからです。
またある程度の企業規模になれば、薬局長以上の役職に就くチャンスも出てきますから、調剤・ドラッグストアといった業態に関らず、マネジメント能力も必要となってきます。

弊社の1年目薬剤師教育を例に挙げてみると、薬剤師会の制定した「薬剤師に求められるプロフェッショナルスタンダード」と類似性を持たせ、
1.ヒューマニズム(倫理)
2.医薬品の適正使用(安全性、経済性)
3.地域住民の健康増進(薬物乱用防止、セルフメディケーション)
4.リスクマネジメント
5.法律制度の遵守
6.日常業務
という6つの項目をバランスよく組み合わせて進めていくのですが、その中で様々な力を身に付け、発揮することを重視します。

薬剤師にありがちなのですが、例え個人レベルでは非常に知識レベルが高く思考も優れていたとしても、組織において周りへの還元がなく、他者を見下しているような方を誰が必要としてくれるでしょうか?

図1


(次ページ)特に弊社は「より多くの人々の・・・

Good13

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る