新着記事・レポート

カテゴリーを選択

ドラッグストア

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『次世代のドラッグストア』4.ドラッグストア薬剤師に求められているもの(その1)

『次世代のドラッグストア』4.ドラッグストア薬剤師に求められているもの(その1)

2012年06月14日 (木) 09時00分配信 投稿日:12/06/14 09:00 icon_view 596view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 596view

前回も少し触れましたが、平成22年4月、厚生労働省医政局長通知により、チーム医療の推進において薬剤師に更なる職能発揮が求められるようになったことで病院勤務の薬剤師のみならず、保険薬局勤務の薬剤師も在宅医療の現場などにおいてバイタルサイン測定に対して積極的に取り組むようになってきています。
この医政局長通知の中では、更に処方箋のリフィル化についても積極的に検討するよう提言がなされていますが、今後そのような時代へとシフトしていくと、より患者の状態変化を具体的に把握することや、更なる薬効・副作用のモニタリングなど、保険薬局の果たすべき役割が大きく変わっていくはずです。
また薬剤師が負うべき責任が大きく変わることを認識するとともに、薬剤師がより身近な医療の専門家として『地域住民を適切な医療へリレーションする立場へと変化していくこと』について考えていくことが不可欠となり、医師ほか医療従事者や介護職と良好なコミュニケーションを築いていける、外来診療においてコーディネーターとしての役割すら求められるようになっているのではないかと感じているのです。

保険薬局においてもバイタルサインの取得、それは薬局店頭にて患者へ対しPT-INR値やHbA1c値の測定を行い、その結果を医師へフィードバックする、もしくは治療を受けていない対象者への受診勧奨といった試みは既に始まっています。
1その1つの例として、弊社におけるCOPD早期発見プロジェクトを紹介しましょう。
これは慢性咳嗽によりドラッグストア店頭においてOTC鎮咳薬を継続購入している人に対してのお声掛けおよびカウンセリングを実施し、更に簡易スパイロメーターによりFEV1/FEV6近似値を測定し、気道閉塞の可能性を推測(診断ではありません)します。
その上で喫煙者であれば禁煙を促すだけでなく、COPDに対する知識を伝達し、早期の受診勧奨を行うことにより将来的に在宅酸素療法の導入時期を遅らせる可能性がある、これは近隣の呼吸器専門医とも連携することで適切な医療へのアクセスポイントとしての機能を薬局がもつようになったとも言えると思います。
これを弊社では店頭で常時測定を実施するだけでなく、北九州市共催の1,000人規模で実施する健康フェアにおいても実施し、データの集積を行い学会発表などの活動も行っています。


(次ページ)また、アメリカで実施されている・・・


Good3

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る