運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

ドラッグストア

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『次世代のドラッグストア』10.アメリカの今~アメリカから日本の薬局・薬剤師を考える~

『次世代のドラッグストア』10.アメリカの今~アメリカから日本の薬局・薬剤師を考える~

2013年01月02日 (水) 09時00分配信 投稿日:13/01/02 09:00 icon_view 215view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 215view

早いもので、このコーナーも10回目となりました。
私も春から様々な仕事を経験することができ、薬剤師業界と同じくこの数年が大きなターニングポイントとなるのではないかと感じているところです。

その理由のひとつに10月14日から21日の間、AJD(オールジャパンドラッグ)のアメリカセミナーへ参加したことが挙げられます。

・日本に比べOTC化されている医薬品が多数ある
・あらゆる小売業が調剤へ進出している
・リフィル処方箋が導入されている
・予防接種を薬局で受けることができる
・国民皆保険制度ではない

そして、そのような社会の中で薬剤師が信頼される職業の上位にあるアメリカ。
参考にならないはずはないですよね。これから日本が"その通りに進んでいくかどうか"ではなく、我々薬剤師がどのような目的を持って、何に取り組んでいく必要があるのか、を学び今後の仕事に繋げていくため行って参りました!

渡米前から研修はスタートします。
成田空港の1室にて、コーディネーターである弊社社長の平野によるセミナーが始まり、アメリカで何を見るのか?
アメリカではドラッグストアと調剤は一体である、では何故その店にRxがあるのか?
ショッピングセンター全体に何が入っているのかを考える=ビジネスの成り立ちを考えるという視察のポイントや、医療の変化についての解説があります。
アメリカでは、公的保険(メディケア、メディケイド)以外は民間保険であり、それらはやはり利益を出さなければならず、「給付金をどのようにすれば減らせるのか?」から「どのような医療を行うのか、どの薬を使うのか?生涯の医療費を抑えるために、今何をするのか?」ということを真剣に考えていると言います。
それにより給付金の上限額が決まっていたり、ジェネリック医薬品を使用することと定めていたりすることは当然ながら保険料を支払っている個人や会社も助かるわけですが、そこでは医療(薬局)と保険会社の戦い(1錠=何ドルなのか?)も繰り広げられているということです。

この様な社会の中で薬局・薬剤師が考えなければならないのは、
「患者側に完全な薬局選択権があるという状況下で、何をするのか? 」
ということになり、日本においてもリフィル処方が今後開始されればどのような状況になるか、しっかり先を見据えておかなければなりません。

・・・というような流れで研修が始まったのですが、海外に行くのは今回が初めてだった私は、多少緊張しながら機内の時間を過ごしました。


(次ページ)シアトルの空港に着いて先ず驚いた・・・


Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る