運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師業界のウラガワ』(特別編2)いずれ一本化か?2つのファーマシスト制度のナゾ

『薬剤師業界のウラガワ』(特別編2)いずれ一本化か?2つのファーマシスト制度のナゾ

2012年08月31日 (金) 09時01分配信 投稿日:12/08/31 09:01 icon_view 803view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 803view

日本薬剤師会はこのほど『ウエルネスファーマシスト』認定制度を稼働させた。
「これってスポーツファーマシストと何が違うの?」
多くの薬剤師の方は、こんなフレーズが頭の片隅に浮かんだのではないだろうか。
ウエルネスファーマシストを日本語表記すれば「運動支援薬剤師」。つまり、運動支援の知識を有する薬剤師ということだ。ここでいう運動とは、健康を維持するためのものであり、寝たきりやメタボ防止のための「運動」のこと。具体的な活用方法としては、薬局の窓口で服薬指導をする際に、「運動もしましょうね」と画一的に話すのではなく、高血圧の方にはこの運動、骨粗しょう症の方にはこうした運動といったように患者の個性に併せたアドバイスができるようになるもので、高いスキルを有した薬剤師が居る薬局としても認知されていこうという発想だ。

認定を受けるにはe―ラーニングで受講、ネット上での試験に合格し、さらに認定委員会での審査をクリアすれば認定証が発行されるという仕組みだ。受講資格は薬剤師の免許を有していれば誰でも可能で、受講料は2万1000円(登録料込み)となっている。


同じメンバーが作る新資格?

 ここまで書くとほとんどの方は「スポーツファーマシストと仕組みまで似ている」と感じられるかもしれないが、それもそのはず。日本アンチ・ドーピング機構が認定委員会に入っているほか、スポーツファーマシストが始まる際の組織委員会に名を連ねた薬剤師が複数いるのだ。

薬剤師会幹部こう尋ねて見た。「名前も役割も似ているスポーツファーマシストはどうするんですか」。
こう切り替えされた。「いずれは一本化するかもね」。
スポーツファーマシストは稼働してから3年が経過し、これまでの認定料と受講料の合算は1億円を遥かに越す。しかし、現状は挨拶のネタになっている程度だ。こうした薬剤師会の体たらくに業を煮やし、スポーツファーマシストの会社を設立した有志もいる。

新たなウエルネスファーマシストもスポーツファーマシストのような道筋を辿るのか。スタート同時に心配される薬剤師の認定制度の雲行きは怪しい。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.04.26 new 239.モノで釣る手法の見直しを 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.04.21 new 薬剤師が知っておきたい! これからの肺がんチーム医… 【特集記事】

2017.04.19 238.良かったと感じられる行動はどんなことか 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.04.13 39.4人に1人が週1回以上訪れるドラッグストアで… 【オモテに出ている裏話】

2017.04.12 237.薬剤師56位の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19590件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5548件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:04月24日~05月01日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:04月24日~05月01日

もっと見る