新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師業界のウラガワ』30.「お医者さんに相談」というテレビCMへの危機感は?!

『薬剤師業界のウラガワ』30.「お医者さんに相談」というテレビCMへの危機感は?!

2013年04月09日 (火) 09時00分配信 投稿日:13/04/09 09:00 icon_view 461view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 461view

最近手を替え品を替え、こんなフレーズがテレビから聞こえてくるようになった。
「お医者さんに相談してみよう」。

有名マンガのキャラクターの祖父と孫娘、小顔の女優さん、有名漫才コンビ…。少し考えてみるだけでも相当数のコマーシャルが頭に浮かぶ。これに危機感を抱く薬業界の人間は少なくない。「医療費が高騰して財政を逼迫しているのは医療業界として承知のうえだろう。それなのにとりあえず医者へ行ってみようとテレビで連呼されれば当然、影響を受ける人は相当数いるはずだ」。

また別の業界関係者はこう呟く。「セルフメディケーションの認知が広まった頃からこうした"打開策"が考えられてきたと聞いている。やっと薬局・ドラッグストアで相談する生活者数が復活傾向になってきたのに、鈍化に転じる可能性がある」と解説し、過剰な受診状態に陥ることに危機感を表す。

しかしながら、これらCMは危機感を抱く業界人の心境とは裏腹に、問題となるような部分はひとつもないのだ。むしろ気軽に相談できることをアピールしているワケなのだから国民目線からすれば、有益な情報として捉えられることだろう。仮に問題があるとすれば、金額に幅が存在していることだ。保険診療の部分と自由診療の部分がほとんどCMでは触れられておらず、webサイトにアクセスすると詳細な情報が得られるようになっている。

つまり、ほとんどいないと思われるが、テレビCMだけを見て本当に相談にいってしまった生活者の中には、医師に相談したあと銀行に相談し、さらには奥さんにも相談しなくてはいけないこともあり得るだろう(そこまで多額ではないが)。

前述の関係者はこんな言葉を付け加える。「病院へ行って何時間も待たされることはよくある。そこまでして医師に相談したいと思う人は、実際にはどれだけいるのだろうか」と述べた後で、自虐的にこう述べた。「もっとも、昔の薬局には町の健康窓口としての機能があった。薬業側、特に調剤専門になっている薬局は、CMに反応する前に自分たちのあり方を考えたほうがいい」。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る