新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師業界のウラガワ』38.業務の機械化は必至?減らない?減らせられない?

『薬剤師業界のウラガワ』38.業務の機械化は必至?減らない?減らせられない?

2013年05月13日 (月) 09時00分配信 投稿日:13/05/13 09:00 icon_view 380view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 380view

今年2月に医薬品医療機器総合機構が公表した調査によると、薬局におけるヒヤリハット事例は半年間で1090件発生しているという。その8割超が「ヒューマンエラーやヒューマンファクターに起因すると考えられたもの」となっており、薬剤師の実体験と捉えても差し支えないだろう。

ヒヤリハットには発生しやすい時間帯があるのをご存知だろうか。日本医療機能評価機構の調べによると、「月曜の午前中」と「金曜日の午後」がヒヤリハットの魔の時間帯だ。報告事例などを見ても「患者が多くてチェック作業を怠ってしまった」などと述べられており、調剤室の繁忙がそのままヒヤリハットのリスクを高めていると判断できるのである。

コラムを執筆する直前にある医療機器メーカーの方と話をする機会があった。なんでも「調剤室の全工程を機械化」を探っている医療機器メーカーの方で、法的にどこまで可能か調べているとのことだった。

詳細を書くと同社の努力に抵触してしまうので差し控えるが、かなりの範囲で機械化できる模様だ。考えてみれば自動分包機を導入している大型門前薬局などは増加傾向にある。また直接的な業務の機械化ではないものの、調剤室服薬指導の様子を映像と音声で保存し、調剤過誤を防いでいる薬局もある。

「薬剤師の仕事はゼロエミッションで、決して0にはならないものの、そこに向かって全力で努力することが専門職としての役割」と耳にしたことがある。一方で人の行う作業には必ずミスは発生するという考えもあるのも事実。繁忙時の見えないプレッシャーによりヒヤリハットを引き起こすことは、まさに人間らしい所業だ。

処方箋の電子化をはじめ、社会保障番号の導入など医療を取り巻く環境のICTは避けられない流れ。前述の医療機器メーカーの方はこんなことを話した。「機械化は薬剤師の方に人間らしい仕事に集中してもらうためです」。

さて、薬剤師の人間らしい仕事とはどんなものがあるのだろうか。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る