新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師業界のウラガワ』54.“敷地内薬局”は加速する…かも

『薬剤師業界のウラガワ』54.“敷地内薬局”は加速する…かも

2013年08月07日 (水) 09時00分配信 投稿日:13/08/07 09:00 icon_view 444view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 444view

"内翰(ないかん)"という言葉をご存知だろうか。旧厚生省が都道府県に通達した薬局の開設について、注意点と保険指定に関する考え方をまとめた指針であるが、改めて内翰に記された文言に注目が集まっている。

内外から強烈なバッシングを受けている医薬分業の矛先は、主に大型病院の前にズラリと軒を並べる"大型門前薬局"であることは周知の通りだ。薬局の入口には判で押したような「処方せん」の文字が躍り、どこも似たような店構えで患者をひたすら待っている。ところが、蓋を開けてみると経営者の年収がウン億円であることが判明し、「何もしていないのに納得いかない」といった声が中心的なものだ。

ただ、門前薬局という状態を作っていることに、この内翰は大きく影響している。内翰には地方行政が開設を認めるケースとNGと判断する事例が列挙されており、門前薬局が生まれたのもこの内翰を厳守した結果なのだ。

ところが、現在ものすごい前例が全国各地で散見され、調剤報酬にも影響しかねない事態となりつつある。

それが事実上の"敷地内薬局"だ。地方自治体が病院を新規開設する際、隣接する土地を入札にかけ、そこに薬局の開設を認める手口で、公道を1本挟んでいるものの、面している2車線の道路からは敷地内に見えるというシロモノだ。

これには業界内でも驚きの声があがった。「どういうカラクリでこんな許可が降りた」、「入札金額はとんでもない額。とてもじゃないが町の薬局などではこんなことはできない」、「保険指定を取り消せないか」など、敷地内薬局の登場に色めきたったが、結論から言えば、全て"却下"であった。

行政に詳しい関係者はこう説明する。「最も簡単に解説すれば、内翰と照らしてこうした事業を行っているということ。敷地内に見えるが、公道を1本挟んでいるうえ、そもそも行政の事業であり、全てが公道扱いになる可能性がある。入札が相場から見れば法外な金額であっても、それ自体には違法性はない。現時点では反論のしようがない」のが現実だという。

関係者はでもねと続ける。「法に違反しないからOKなのか。それを地方行政が促すのもどうかと思うし、法外な金額で買ってしまう薬局もどうか。少なくとも、今吹き荒れている分業バッシングという火事場においては、火に油を注いでいるようにしか見えない」。





著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19681件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る